SilviaエンブレムDIYその③

試行錯誤を繰り返し、最終物制作には型を水平にし"羽根つき”エンブレムにならないように、レベルのチェック!
IMG_1573 改

「巣」の修正はかなり少なくなったが、一切の補正無し!とはいかず、硬化時の収縮の少ないパテで補修
IMG_1468改

シリコンOFFで油分を除き、塗料の喰いつきを良くするプライマー処理
IMG_1574 (1)

初挑戦の「そめQ」の「メッキ感覚」を試してみる
IMG_1478 改

塗りあがった直後は「結構良いのでは?」との好感触、
IMG_1536改

IMG_1537改

ところが、乾燥後の塗面が弱く、指で撮んでいると塗面が荒れてきた

それでは!と塗面保護のクリアーを塗ると、メッキの輝きが無くなり、シルバー塗装と変わらなくなってしまった。

ボディに付けるエンブレムを触らないことは現実的でなく、クリアー塗膜で表面保護は必須なので、

この時点ではメッキ肌をあきらめるしかなかった!なにか?良い手立てはないかと、思索へ

その④に続く



スポンサーサイト

SilviaエンブレムDIYその②

製品となる材料は2液性レジン、で仕上がりはとほとんど透明となる。

写真の上側は、ひとつめの型の出来を判断するために仮に流し込んだ物で

「欠け」や「巣」でとても修正できるレベルでは無いことが判る
IMG_1464改

下側は最終型からの製品で、羽根つき餃子ではないが、固まるときの材料の”やせ”を見越しすぎ材料が多すぎたが、

それが功を奏し、欠けや巣がほとんど発生しなかった

仕上げ処理をしていないといかにも軽いプラの質感に、少し金属感を出せないか?

と思い、金属パテの様なものも試してみたが…、
IMG_1594改

質感は好みだったが、流動性が悪く、巣だらけで、ご覧通り(あ~ぁ!)
IMG_1474改

透明レジンでいくつか作り、その中からより完成度の高いものを修正を掛け、いよいよ仕上げ工程

下の写真最上段が純正品
IMG_1564改

いくつかの中から、修正箇所の少ないものを選び出し、「巣穴」を埋め、修正。

細かい作業時、老いの眼にはこれが無いと(笑)
IMG_1469改

その③へ続く

SilviaエンブレムDIYその①

DIYの悪い虫が動き出し、昨秋にトライした、(ニッサン)CSP311(シルビア)のトランクフードのエンブレム制作DIYを振り返る

SP/SR/CSPは同様のフレームを持つ姉妹車だけど、SP/SRは”DATSUN”ブランドでCSPは”NISSAN”ブランド、

当時の日産は二つのブランドを車格によって使い分けていた

さて、エンブレムのリプロを作ろうとしても素人は純正現物が無いと出来ず、

中古でさえ(ヤフオクなどの)市場に出回らない「大事な!大事な!純正物」を仲間より借りりだす。
IMG_1429改

外したままの状態だが、三本の取付脚も健在、
IMG_1430改

これを基に、脚無しエンブレムをリプロするのだが、どれだけ表現できるか?は自信がないがチャレンジ!

DIYの前に高性能3Dプリンターでの作成を模索すると、

まず、現物を①立体スキャンさせデータ取り、⇒②3Dプリンターで成形、⇒③仕上げのメッキで物理的には可能だ

しかし夫々が工程で経費が掛かり過ぎ、デジタルでの一品作成は見送り

てな訳で、従来の製法型への流し込み工法をチョイス、東急ハンズで型取り材料と製品化材料を手あたり次第に仕入
IMG_1439.jpg

この型枠ブロックはまるで「レゴ」
IMG_1441.jpg

純正の現物を置き、1回目の型起こし
IMG_1449.jpg

で出来たのがこれ
IMG_1452改
ところが、この型取り在流動性が悪く、細かいところまで流し揉ませるのが難しく、2個の型を作ったが諦めてシリコーン型へスイッチ

結果、材料の流動性が良いシリコーンが「型」としての完成度が高かったが、

枠を外すと形が変動するので、製品材料を流し込む時にも外枠は外せない。
IMG_1456.jpg

いよいよ製品作業に入るが、型作りだけでもトライ&エラー&エラーで先が思いやられる(ふっ!)=その②へ続く=




デファレンシャル逝く

本年1月、鈴鹿ゴールデントロフィー決勝レース中から音が出始め、レース後いよいよ騒音になったデフの異音

富士ジャンボリーを欠席し、京都の御大によるチェックが始まった。

ジャッキアップし点検すると、(なんと!)プロペラシャフトが振れている
[広告] VPS


デフ・ピニオンを揺するとご覧の有様、で軸受損壊が判る、果たして中は如何?

ガレージの床に有った油染みは、このオイルシールが原因だ
[広告] VPS


分解すると!
IMG_2736.jpg

IMG_2735.jpg

見事にサポートベアリングが破壊されている(驚愕!)
IMG_2738.jpg

ピニオン・ギヤとリング・ギヤが逝ってしまった(泪)、LSDは生きているようだ(ホッ)

キャリア―も重量増に目をつぶり、剛性強度重視で鉄製をチョイスしておいて正解だった
IMG_2733.jpg

原因は「昨年のエンジンのお馬さんを増やしたせいだ!」と、言うことにしておこう(笑)

さて、修理の部品の調達だが、旧い車は簡単には入手できず頭を悩まされる、

およそ二年前に、このギヤ比最後の1SETの在庫を日産より購入、やはり日産には同じギヤ比のものの在庫は無い様だ、

さて、現在入手出来るギヤ比の中から5%上げるか?5%下げるか?の判断を求められ、

結果、昨年クロスレシオのミッション5速を入替え、4速⇒5速のつながりも良くなったことも考え、

ファイナルは5%下げる(ギヤ比を大きくする)方を選ぶと、

副産物として、これまでギヤ比の関係で55タイヤしか選択できなかったけど、60タイヤも選択肢として検討できる

スモールランプLED化

MB-W203シリーズの(変なひょうたん?型)ヘッドライトは同形ながら、数種類あるらしく、

カットレンズにハロゲン又はキセノンタイプと、

クリスタルレンズにハロゲン又はプロジェクター+キセノンのタイプで計4通りあるらしいことが判明、

自車は最終型なのでクリスタルレンズ+LOプロジェクター球+HIキセノン球らしい

ヘッドライトとバンパーに内蔵されるFogは今風の白い輝度だが、

Hiビームレンズに仕込まれているスモールランプは電球色で少々アンバーで黄色掛かっている!

ヘッドライトの白い輝度とのアンバランスなのを気にした仲間が、LEDスモールランプを捜し出してくれた、

最近の車は勝手にLED化すると消費電流のせいなのか?球切れ警告等の誤作動が出るらしく、当該品はその対策品らしい

写真はすでに交換済みの状態、一応比較写真を貼り付けてみた

電球色の方が温かみがあり好きだが、プロジェクターやキセノンとのバランスが…。
IMG_2713改
換えてみると、都内の明るい道路だったらこのLEDポジションランプだけで大丈夫そうだと錯覚するほど

新たなポジションランプ球はLED板が9個ついて少々明るすぎ(笑)!

交換は工具不要で見え難く狭い処なので五本指でまさしく「手探り」!

交換後、ソケットに戻す前に点灯テスト、案の定点かない?。LEDは極性が異なると作動しないので、180度回転させて再取付

無事両方とも点いたので、反射鏡ソケットに挿入しカバーを付け完了!
LED球比較
現代のデジタル品をあまり信用してない自分は、外した純正ランプをトランクにそっと忍ばせておく事を忘れない
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ