スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンスR380A-Ⅰ再

前回紹介した、プリンスR380A-Ⅰは、当時のR380A-Ⅰをレストアしたのでなく、レプリカでもないのです。

1966年から30年時を過ぎた1996年に、皆さんご存知のように、日産の依頼を受けた桜井真一郎氏が

当時の技術者と当時の図面を元に、現存する'66優勝車を岩手県のKM中央研究所に持ち込み、

ボディパーツの採寸をして型を起こし、桜井真一郎氏主幹のエスアンドエスで組み上げた、

新車として作られたR380A-Ⅰ、つまり新たな1996年製R380A-Ⅰです。

当時と使用するパーツのメーカーは今風なものでも、エキゾーストマニホールドの取り廻しが違っていても、

'66当時の雰囲気を壊さないレベルでいい感じで仕上げて、飾り物でない、サーキットを疾走できるつくりです。
R380EX.jpg

R380コックピット

現存する'66年当時のR380A-Ⅰがトヨタ博物館で展示される前、平塚のオーテックに運ばれたR380AーⅠを見て、

「レストアしてサーキット走れますかね?」と聞いたところ、

担当者は「パレードする程度のレストアしか出来ない」との返事でした、

レーシングマシンはサーキットを駆け巡らせる復活でないと・・・、

との想いから新たな一台を作ったのだろうと思うと嬉しくなりました。レーシングカーの動体保存は最高ですね。


横浜の実家のガレージ整理の帰り足で、先週OPENしたての夜の羽田空港、新国際ターミナルを覗いてきました。
羽田1羽田2

日本色を強調してましたが、こじんまりとした空間にゆったり感がない(ウサギ小屋)のも日本的なの?




スポンサーサイト

とんでもない?マシン

知り合いの工場にとんでもないマシンが入庫


ヒント① 1966日本GP 富士スピードウェイ 

ヒント② 日本初のファクトリー・プロトタイプ・スポーツカー

ヒント③ そのメーカー名は現在は有りません

ヒント④ デビューレースで優勝

ヒント⑤ そのスピリットは受け継がれ、市販車にもフィードバックされた。

ヒント⑥ 次の写真、エンジン形式GR8 6気筒DOHC4バルブ 1996cc
R380EGN.jpg

ヒント⑦ 特徴的なテールランプ & ミッドシップ
R380リアビュー2



正解=そーです。プリンスR380(1966年)です。
R380全体

プロトタイプ・スポーツカーが大好きです。

プリンスR380、HONDA R-1300、ポルシェ906、デトマソ・バレルンガ、シャパラル2A、フォードGT40等々、きりが無い

1960年代 ル・マン、タルガフローリオ、などに多彩なマシンが出場、その頃オートスポーツ誌で、それらの活躍を読み漁り引き込まれた。

かつてラグナ・セカで歴代のスポーツプロトタイプがテールを流しながら、本気でアクセルを開け走っている姿を

ダンロップブリッジ付近のコース・サイドの金網の目が顔に食い込むか?の勢いで見ていた事を思い出した。

そんな中の国産の一台が、サーキットを駆け巡る姿で復活するなんて・・・・!


プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。