東日本震災

嫁のすすめで99歳の白寿の詩人、柴田トヨさんの詩集「くじけないで」を読んだ。

99年間の人生の中からなのでしょうか? 片意地を張らない生き方と、

紅茶とトーストの朝食をたしなむ素敵な生き方の人柄がにじみ出る詩が「ホッと」させられた。

大きな文字で老眼の目でも読める大きな字で綴られた詩集は、あっというまに読み終えたところ

今朝の読売新聞朝刊に彼女の応援詩が掲載されていた。
IMG_1434~1
IMG_1437~1


わたしが毎日通勤で目にする、隅田川べりの桜のつぼみが膨み「もうすぐ春だよ」って語っているようです。

…が、被災地の春はまだまだ先、

「日本」って裕福だと思ってました、

「お金」はいっぱい有る、有能な人もいっぱい居るのに…、


20日間も過ぎたのに、まだ「てんでんこ」

被災現場の方は必死で行動しているのに、バックアップする行政の姿が見えない

復興への強い指揮者が見えない貧しい日本が見えました


大人たちはなんとか我慢できるけど、子供たちは足踏みできないのです。

被災した子供たちが笑顔で桜を見れるのはいつ?



スポンサーサイト

F1 #1オーストラリア

みなさんもご覧になったと思いますが、

ベッテルのポールtoフィニッシュの完璧な勝利で2011F1GP開幕戦オーストラリアGPは終了した。
f1オーストラリア~1

タイヤがピレリになり、カーズが復活、可変リアウィング導入など、新たなレギュレーションで、

レース中、エキサイティングなオーバーテイクが数多く見られた。

しかしレッドブル+C.ベッレルの速さは抜き出てましたね。

ザウバー小林可夢偉も気合の走りでシングル入賞!と思いきや、

「C30」のリアウィングのテクニカルレギュレーション違反でザウバー二台とも失格!とはお粗末ですね。

今までの、レッドブル、マクラーレン、フェラーリ対その他チームの二極化から、

ロータス・ルノー、メルセデス、ザウバー等も絡むようになり、今年のF1は目が離せませんね。

それとFGP出場全選手の日本単語のコマ送り応援メッセージは良かった!

F1 2011開幕

いよいよ2011年F1GPが開幕!土曜の予選、日曜の決勝(日本時間日曜深夜)と始まりました。

フジTVの放送は深夜なので録画して明日昼間観ます。(夜中起きていると電気使うでしょ)

本来の開幕戦はキャンセルされ、オーストラリアGPが実質の開幕戦となります。

F1の世界でも東北震災を援助・応援する姿が観れたので紹介します。

小林可夢偉選手所属のザウバーはリアエンジンカウルに!
集合~1
カムイ~1


トゥルーリ選手はヘルメットに応援デザイン、フェラーリはフロントウィングステーにと、

各チーム、各選手が思い思いに日本被災地への応援メッセージを表しています。
 untitled~1 フェラーリ


一方モーターサイクルMOTO-GPの開幕戦で見事優勝したストーナー選手は日章旗を掲げてポリュームに登場したのは、前に書きましたね、

写真を見つけたのでUPします。

そして最高峰MOTO-GPクラス参加16名の全ライダーサインが書かれた日本被災地応援T-シャツを全世界でネットで販売し、

全ての収益を寄付する活動で、日本を応援してくれています。

モータースポーツは愛するファンが居てこそ成り立っていることをしっかり受け止めている事がわかりますね。
motogp表彰 motoGPt-シャツ

それに引き換え被災国のプロ野球を牛耳る経営陣は収益のことで頭一杯なのは、なんとも情けない話ですね。


当初4月22日ツインリンクモテギで開催予定のMOTO-GP日本グランプリは急遽9月に延期になりました。


浅草三社祭中止

毎年5月に楽しみにしていた浅草三社祭は早々に中止決定されました。
南十四番 浅草東~1

嫁の親の実家の関係で慣れ親しんだ祭りが中止というのは寂しいですね。

年に一度、この三日間だけ神輿と一緒に浅草の街を練り歩くだけの顔を合わせる祭り仲間とも会えないのが残念ですが、

被災された方々は祭りどころではありませんね!
2008 024

続きを読む

東電福島原発

昼食を食べていた蕎麦屋のTVに緊急ニュースが割り込み、箸を持つ手を止めた、

内容は東京葛飾区、金町浄水場の水から放射性物質が乳児の暫定基準値の2倍を超える数値を測定された。

江戸川を原水として、かつての「汚い臭い水道水」の汚名を返上し、「近代水道百選」の東京の名水、『東京水』は

東京都庁舎をはじめ東京都の施設等でペットボトルで市販されている水が汚染された!

我が家の隣の区で、もちろん金町浄水場の水を愛飲している者としてはショックです。
金町浄水場

東京の街が暗くなり、経済活動が冷え込んでいく様子がハッキリと判ります。

いよいよ旧車だ、レースだと云ってられなくなりますが、

一刻も早く被災地(者)が復興し、余暇を楽しめるようになりたいですね。

一方、中東カタールで2011年MOTO-GPが開幕!

録画しておいたレースを観戦、日本人選手は高橋選手、青山選手など数人ではあるけど、

MOTO-GPには日本のメーカーが深くかかわり、出場する選手の右腕には喪章を巻いた姿が多く見られ、
logo_motogp.png メインのMOTO-GPクラスは1位ストーナー(ホンダ)、2位ロレンソ(ヤマハ)、3位ペドロサ(ホンダ)でゴールした後、

表彰台には各選手が「がんばれ日本」と書かれた日章旗を掲げ、

いつものシャンパンファイトは中止し日本の復興を願う姿が見られ、

日本がしっかりとモーターサイクルの文化(レース)を支えていることを感じた。

東京では次第に体感地震が少なくなって来ています。

余震は次第に収まりつつあるのか?(東海地震の予兆か?

日曜日、奥様車FITのガソリンを求めて、近所のSHELLセルフに並びました。

約30分ほどで、満タンに出来、GSを出ようとしたら、今まで並んでいたところにタンクローリーが並んでいるのを見つけた。
shellタンクローリー(イメージです)

都内のガソリン供給は戻りつつありますね。


ところでCS放送、朝日ニュースターで非常に気になる放送をしていた事を知った。

キー局では決して放送しない内容を放送していました。

原発反対の立場で述べるコメンテーターの意見の中に真実の欠片があったように感じました。

興味ある方は次のアドレスをクリックして下さい。ユーチューブで観れます。
http://www.youtube.com/watch?v=veFYCa9nbMY
広瀬氏

万一の事は決して述べない政府広報では、冷静に自分なりの判断をしなければいけませんね。


旧車のレース、クルマの話題を書くブログを信条としていますが、

命に係わる福島原発の件が片付かないと、趣味の旧車レースどころではありませんので‥‥‥。

危険を覚悟で原発事故に取り組んでいる技術者の英知と判断が実を結び、私の取り越し苦労で終わる事を期待しています。

マフラー

クリーンエネルギーを謳い文句に40年前に導入された原発が、日本の空を汚染しようとしている。

一週間経っても一向に回復しないのは、なぜ?

45年前の旧車を愛好して排気ガスをぶちまけている身では、批判することは気が引けるが、

放射能汚染は簡単に人間を蝕み、人間の命さえ脅かします。

大きなリスクを伴う設備は人に優しくありませんね。広島、長崎を経験している日本に再び放射能汚染に曝されるのはゴメンです。

そして、万一のことを考え、いつでも東京を脱出出来る荷物はまとめました。この準備が無駄になることを祈ります。


さて、富士ジャンボリーが中止になり、SP311-CLUBMANは、しばらく「引きこもり」となりますが、

サーキット用にワンオフ製作されたステン・マフラーは都内では爆音を撒き散らすので、

硬質グラスウール巻きの汎用インナーサイレンサーをテールメガホンにぶち込みました。
IMG_1425~1

市販のインナーサイレンサーの効果は期待していなかったけど、

意外や意外!少なくとも3db~4db位は減衰したように感じます。

通過するパイプ径が小さくなり排圧がかかっているので、これで全開にするとエンジンに良くなさそうなので

あくまでも車両の移動の範囲での使用にとどめます、

ガソリン供給がままならない昨日、仲間から20リットル別けてもらい、土曜日なのにクルマの流れが少ない首都高を横浜の実家に向かった。

サーキット用にキャブセッティングされたSP311は街乗りではガソリンが濃く、

アクセルを乱暴に踏みキャブの加速ポンプを働かせると、カブり気味になる。

途中の事故渋滞に巻き込まれそうになったとき、運良くパーキングエリアがあったので、SP311を滑り込ませ、

エンジンを切りしばし渋滞が緩和されるのを待った。

ワンボックス車の単独事故でセンターライン側ガードレールに激突し、運転席側がつぶれフロントガラスが割れていた。

その事故現場を横目で見ながらすり抜け、3500~5000rpmの間を使って、何とか無事に横浜のガレージに収めることが出来た
SPガレージ横浜~1
雑然として物置と化したガレージ(とは呼べないか?)








東日本大震災募金

被災者に対して、今自分が出来ることはやはり義援募金することだと思います。

様々な個人・団体が募金活動を募っていますが、自分はその中から日本赤十字社を選び郵便局に足を運んだ。

一人ひとりの優しさは少額でも、大勢で募れば大きな力になりますね。


(以下日本赤十字社HPより)

日本赤十字社では、今回の震災の被害が甚大かつ広範囲に及んでいることから、被災県組織に代わり、皆さまからの義援金を受け付けております。

義援金窓口1  郵便局・ゆうちょ銀行
口座記号番号   00140-8-507
口座加入者名   日本赤十字社 東北関東大震災義援金
取扱期間     平成23年3月14日(月)~平成23年9月30日(金)

※郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料は免除されます。
※郵便窓口でお受取りいただきました半券(受領証)は、大切に保管してください。
※通信欄にお名前、ご住所、お電話番号を記載してください。

救援金窓口2
■ クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easyによるご協力



東北地方が大変な状況ですが、関東地方も(計画性の無い)計画停電とやらに市民は振り回されています。

富士スピードウェイの在る静岡県御殿場市小山町もその影響を受け、

4/10のレースの開催も危ぶまれますが、とりあえず準備を始めた。

SP311-CLUBMANも久しぶりに定位置のDANKAI仲間の工場の片隅に鎮座し、

以前に作ったバケットシートとお揃いのドア内張りも新しいものと交換された。
SP20110315~1 IMG_1419~1
MySPSR修正~1 クリームの後期型SR311とツーショット
IMG_1422~1 IMG_1420~1
チャコールグレイのレザーとグレーの共布、そして赤いステッチ・パイピングが揃ってお気に入りです

黄色いメッシュのポケットはレーシングカーには無くてもいいものですが遊び心のアクセント!

助手席の小さい黄色のメッシュポケットはサーキットで「トランスポンダー(タイム計測器)」入れ?



と書いていたところで、静岡県東部で地震発生震度6強、富士のある御殿場市小山で震度5、が起きた

驚いていたところ、レース仲間よりメールがきた!

日本クラシックカー協会JCCA富士ジャンボリーは中止が決定!

なんと1月の鈴鹿は雪で中止、4月の富士は地震で中止と二戦連続で天災で中止の憂き目にあった。

ブログでレースを楽しみにしていた方、次は7月になりそうです。

東日本大震災

昨日日曜日、茨城県に住むクルマ仲間よりガソリン不足のSOSで、

携行缶を求めて、カーショップや良く行く自動車工具店を計4店舗を廻り理ましたが、全て売り切れ、

何とか仲間から借り、70リッターを積み込み、DANKAIの仲間と共に燃料支援?に行ってきました。

場所は鹿島灘のすぐそばで、本人曰く、クルマ走行中で津波に巻き込まれそうになり、水に浸かりながら車で逃げたそうで、

クルマを置き去りにして人間だけ逃げ出した車は巻き込まれてしまったそうです。

また鹿島アントラーズの本拠地スタジアムも被災し今年いっぱいは開催が無理ではないか?と言ってました。

建物は、液状化で地盤沈下でゆがみ、地中に埋設されたガス、水道が駄目で、道路も陥没や隆起があちこちで見られました。

東京から約100km1時間のところでもこのような状態で、改めて自然の猛威をまざまざと見せつけられました。
IMG_1413~1

マフラー

いつの間にか?SR311のテール・マフラーが無くなっていた!

走行中に外れた覚えは無い!「誰だー外した奴は?}

犯人発覚!

仲間が「ちょっと拝借」と持って行った。

外したら、太鼓部分に錆びでピンホールが開き掛けていた。

ついでなので、長年押入れに有った在庫の新品マフラーを取り付けメッキもひかり気持ち良い。

マフラーには品番「20300-25500」、部品メーカー「NICHIRA」と「76 12」の浮き文字が、ひょっとして1976年製造品?
IMG_1412~1
IMG_1406~1 IMG_1408~1
IMG_1411~1 IMG_1409~1

長いことしまってあったが、当時のメッキは下地もキッチリして有りました。

とんだ怪我の功名でSR311のメンテが出来ました。

マフラーは熱と水分で消耗品として考えスペアーを用意しましょうね?


一方、SP311-CLUBMANの次のレース、

4月10日JCCAフジジャンボリーの参加申し込みを締め切り間際に申し込みました。

あとひと月を切ってので、そろそろ準備をしないと…。

東北沖地震

昨日の東北地震は東京でも強く揺すられ、あの規模の地震は生まれて初めてでした。

上野の会社は9階にあり、棚が音を立てて揺れ、資料などが飛び出したり、TVやプリンターも落ちたり

結構荒らされ、一瞬、「ついに東京にも来たか」と頭をよぎりましたが、それほどでなく人的被害は無くホッとしました。

公共交通機関が全面ストップした昨夕は、勤務先上野から徒歩で帰宅する人の波に混ざり、大渋滞する車の列を横目に見ながら一時間少々掛け帰宅しました。

日付が変わってブログを書いている今も、拙宅前の国道6号は動きの少ない車の列と帰宅する人の流れが絶えない状況が続き、体感する余震も何度も襲ってきます。

自宅は積んであった空箱が落ちる程度で、なんとも無い状況ですが、TVから伝えられる震源地に近い地方の

津波の被害に遭われた人たちのことを想うと心が沈みます。

先日のニュージーランド、クライストチャーチの地震と今回の地震、自然の力にはどうしようもありませんね。

早速、メールまたはコメントで心配をして下さった方々にこの場を借りて御礼申し上げます。


革巻ステアリング

SP/SRの前期型も後期型も純正ステアリングは大きく細いのは、いかにも旧車ですね。

ステアリングは社外品と簡単に変えられますが、ステアリングひとつでダッシュのイメージもガラッと変わってしまいます。

純正ステアリングはそのくるまを表現していると感じ、純正ステアリングにこだわるオーナーも多いのでは?
2011030915160001~1 2011030915160000~1

そんな純正にこだわる仲間がグリップ感を求め、純正+革巻きをしました。

グリップの太さは革一枚のことで太さが変化したとは感じられないが、純正の樹脂の触感と革の触感は全然違って非常に良い感じです。

プロの技のステッチは、左右の糸が半ステッチづつずれている正統ボールステッチで、ステッチのピッチも揃っています。さすがですね~。

革巻きの表情も後期型ダッシュの雰囲気にマッチしていると思います。

IMG_1397~1
IMG_1396~1


京都へ③

土曜、日曜と訪れた京都は東京と比べると少し気温が低く感じましたが、穏やかな春の予感が感じられたのに、

月曜日の東京は朝から雪景色、昨日より気温が10度以上も低い一日です。隣の駐車場の車たちもご覧のとおり

IMG_1404~1

「鈴鹿コソ練」以来一ヶ月ぶりに対面したSP311は何事も無かったたたずまいを漂わせているのは、

御大と薔薇自動車のスタッフ達に可愛がられていたお陰です。(全く写真を撮らなかった事に気がついた。)

京都の御大のB310TSサニーはエンジンルーム・コクピットともに色が入り、外装のガルフブルーとマッチ!

前に紹介した特注で張り替えたRECAROバケットシート、シートに合わせたイメージのドア内張りを思い起こし、

イメージすると完成の姿が見えてきます。
IMG_1400~1


京都までの往路は、チームDANKAIの仲間(走り屋)のSR311に新たにLSDと付けるので'67SR311を載せ交代で運転、

薔薇自動車のガレージには先客の'67SR311が有り、奇しくも白い'67が上下に揃った。

先客のSR311の足元を見るとなんと珍しいホワイトリボンのDUNLOPバイヤスタイヤを履いていた。

バイヤスタイヤを履いている姿が当然のようなたたずまいを見ると、片意地を張らないオーナーのさりげないSR311への接し方が想像できます。
IMG_1402~1 IMG_1403~1

復路はほとんど順調だったが、海老名付近で恒例の日曜日行楽帰りの渋滞25kmに見事にはまりタイムロスで1時間余分に掛かってしまった

午後8時過ぎSP311を仲間のガレージに収めセーフティローダーを返却し、9時過ぎ帰宅出来た。

仲間と交代で運転したせいか?京都までの500kmはそんなに遠いと感じなかったけれど、

休憩を含め、掛かった時間(7時間)を考えると、やはり遠いですね。

京都へ②

ただいまーっ!

昨晩7時過ぎ、SP311-CLUBMANを背負って無事帰京?(京都→東京都?)です。

と、まずは帰宅の報告からで、一泊二日の1000kmの旅は何のドラマも無く終了。

土曜日天気も良く、富士山が見事だったので、嫁さんへの写真土産にパチリ

IMG_1399~1富士山と富士川SA


片道7時間を掛け、夜に到着そうそうにSP311を積み込み、御大と夜の街へ繰り出し、旨い鳥料理で大酔っ払い。

翌日日曜セントラルサーキットでミニチャレンジのシリーズ第二戦を控えているBBPMRさんはさすがに酒は控えていました。レース結果が気になるところです。



京都へ

預けてあるSP311-CLUBMANを京都に迎えにいきます。

鈴鹿でのトラブルも京都の御大の下で癒され、ゆっくりくつろいでいるだろうが

次戦4月10日JCCA富士ジャンボリーの準備も少ししないといけません。


自走も考えたけれど、セーフティローダーを仲間から借りて

東名道、往復1000km一泊二日の旅!いってきまーすっ!


ところで、ヤフーオークションにこんなの出てました。

純粋なレーシングマシンは憧れです。
mjjrd796-img450x600-1299197365ywlat033207.jpg mjjrd796-img450x600-1299197365y2perd33207.jpg mjjrd796-img450x600-1299197365mdhvqe33207.jpg ザウルスNSR93 SR18、1800ccが載ってます。

船橋サーキット

「船橋サーキット」を知らない人も多いでしょうが、かつて千葉県に船橋サーキットが在った。

プールなどを備える総合娯楽施設、船橋ヘルスセンターの敷地内に1965年開業、1967年閉鎖と二年間の短命であったが、

東京から近く、電車で行けるサーキットとして人気を博し、関東地方のモータースポーツの礎を担い、数々の伝統も残した。

「ロータス・エラン」ジャガーEタイプ」「スカイラインGT」「フェアレディ1600」「ホンダS600」「トヨタS800」「コンテッサ」などが駆け巡り

生沢選手(S600)と浮谷選手(トヨタS800)との雨中の激闘は現在も語り草になっています、

そして二年間で35レースを開催した後閉鎖され「船橋オートレース」「ららぽーと」と変革を遂げた。

当時、中学生だった自分は、横浜から訪れることは一度も無かったが、自動車メーカー系クラブを中心にクラブマンたちの活躍はメディアで目にしていた。

実家から船橋サーキットで戦うフェアレディ1600のピンナップ写真が出てきました。

AUTO SPORTS誌の付録でした。写っているのはSP311でスティールのワイドホィールが当時を忍ばせますね!
IMG_1385修正~1




ヒーターコック

ここのところ気温が20近くになったり、一変みぞれ混じりに冷え込んだり、日ごとに寒暖が訪れると、

体が付いていけないのと、SR311の固着したヒーターコックが気になります。

SR後期型のコックはクラッチペダル横バルクヘッドに付いています。

コックを外すには、ヒーターコントロールワイヤーを外し、エンジンルーム側のヒーターホースを外し、

室内のヒーターホースを外すと、ダラダラと水が垂れるのを、プラ・ケースで受け止め、ペダル周りの絨毯が水浸しになるのを回避。これでコックを外せます。

外したコックは、バルブが固着しているので、無理にこじる前にCRC556やラスペネなどの浸透潤滑剤をたっぷり吹きかけ、一晩位放っておくと、動くようになります。
IMG_1379~1 IMG_1380~1

バルブレバーのナットを緩め、バルブ押さえカバーのボルトを緩めるとバルブを抜き取ると、

バルブには水スケールが堆積?しているので、真鍮バルブを傷つけないよう真鍮ブラシやにコンパウンドなどで磨きます。

バルブには外に水が漏れないためのO-リングは何十年も経って死んました。
IMG_1382~1 IMG_1383~1

ここのO-リングは水だけなのでホームセンターで調達できるでしょう。LLCが悪さをするかどうか?は解りません。

詳しい方が居りましたら助言ください。

これで、外気温が高くなったら、ヒーターの温水循環を断てるし、寒ければ開放できますね。

70年代初めに日産部品で新品を¥2,500で購入し、交換したあと、旧い物が簡単に復旧できた記憶がありましたので再トライです。



FUJIジャンボリー

久しぶりにFITを洗車したせいか?朝から空模様は雨の月曜日です。

JCCAより4/10開催予定の富士ジャンボリー2011の案内が届いた、

今年1月、開幕戦鈴鹿ゴールデントロフィーが雪でキャンセルされ、この富士ジャンボリーが実質的な開幕戦?

鈴鹿で急遽載せ変えたスペシャルエンジンも元のエンジンに戻し、準備万端だと連絡が入った。

さっそく近々にSP311-CLUBMANを京都に取に行く段取りをしなくては・・・・。
IMG_1378~1

残念なニュースが飛び込んで来た。日曜日の富士スピードウェイ走行会で死亡事故が発生!

第一コーナーで飛び出し、タイヤバリアーとフェンスを超え崖下に転落したらしい。

面識は無い方ですが、同じ世代でかつ同じ趣向をしているものとして、ご冥福を祈ります。
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ