スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1-MONACO

日曜深夜は五月の楽しみの一つF1モナコGP!!(皆さんご覧になりました?)

ザウバーの小林可夢偉5位入賞とおまけ付き!!(やったーっ)

ほんの少しのミスも許されないあの狭いコースをF1パイロット達の78周の集中力はすごい!!

モナコでレンタカーを借りたとき、「どこへ行くの」と聞かれ、すかさず「F1コースを走るのさ」と言ったら、

「じゃー78周?」と言われたが、ステアリングを握って1/10の7周しかしな回れなかった。
(もちろん一般公道の時です)

今年は各所でオーバーテイクショーが繰り広げられたのが、特徴のような気がします。

DRS+KARSを使ったサントデボーデ(第一コーナー)、ミラボーの飛び込み、

ロウズヘアピン、(マカオのメルコヘアピンは追い越し禁止!)
モナコ-2~1

ヌーベルシケインでは可夢偉がポジションを4位からひとつ下げてしまった。

めったに観られないタバココーナーでのパスは圧巻だった。
Circuit_de_Monaco_1986.png

前回はレース時でない時にトンネル上のモンテカルログラン(今はフェアモントモンテカルロ?)に泊まったけど、次はF1レース時に泊まってみたいですね。

ちなみに、F1GP時は一泊の料金が3倍になり、一週間単位の販売、一年前から満室、とやはり庶民には高嶺の花です。


スポンサーサイト

車上荒し

DANKAI仲間の内装屋に修理に入ったBMWカブリオレ、

幌が鋭利なモノ(ナイフ?カッター?)で見事に切り裂かれていた。
BMW幌 sr311 2 065

BMWの切られた傷口を見ると、SP/SRの一重の幌と違い外皮生地、防音遮熱のクッション、

そして天井となる内装生地の三重のしっかりした作りになっていて、

純正幌はとんでもない高額なものなので、修理となった。

オーナーは外から見えるところにブランドバックを置いていて、今回の被害に遭い、

バックの中身は大した物が入っていなく、バックも使い込んだものなので諦められるといっていたが、幌は雨風をしのぐ大切なものです。

屋根があろうがなかろうが、やはり目に付くところに「高そうなモノ」を置いてはだめですね。

特にOPENの車は手間をかけずに「幌を破る」と言う荒業で被害に遭いますので、オープンカーのオーナーさん気をつけましょう。

ちなみに、昔SP/SRの幌そのものを盗まれた知人が居たが、悲しいかな盗んだ人は同じSP/SR乗りですよね多分!


さて、下の写真は帰宅時偶然に見かけたご存知Lハンドルのミニ・モーク

MINIのコンポーネントを利用したRV(ジープ?)なのですが、珍しいハードトップを被っていましたので、写真に収めました。

通常は、キャンバス幌を架装している姿はお馴染みですが、違和感のなくデザインされたハードTOPが決まっています。

純正なのか?国産なのか全然情報が判りませんが、素敵な雰囲気です。
ミニモーク~1
DSC00030~1
ハードトップと共にデザインされた4枚のドアも装着され、対候性居住性も良さそうですね

ドアがどう開くのか興味ありますね、ドアウィンドウはFIX(はめ殺し)の様です。

その昔マカオで借りたモークのレンタカーはフライシート(屋根)しか有りませんでした。

HONDAモンキー

近所に出向く自転車代わりのモンキーを何時から乗っていないだろうか?記憶が薄れる程昔、

1986年、原付を含めて全ての二輪車のヘルメット着用義務化されたころを境に

モンキーを自転車代わりにするのが遠のいた記憶が20数年前だろうか?

実家の庭に某雑誌の「草むらのヒーロー」のごとくに放り出されていたHONDAモンキーに仲間が目を留めた

HONDA Z50A型、リア・リジット、両手ブレーキが特徴 1969年7月発売、

1970年4月にアップマフラー、フットリアブレーキ化された後継機?Z50Z型が出ても併売されていた、

ほったらかしにしてから20年以上も経ち、見る影も無く、

ブレーキは張り付き、メッキ部品は錆び放題の姿を見たDANKAI仲間が、

「俺がレストアする」と言って彼のガレージに連れて行かれた姿を日曜の午後見ることが出来た。
IMG_1607.jpg IMG_1608.jpg

持って行ったモンキーの部品を買っている様子は時折知らされて

老後の楽しみが出来たらと思って、わずかな新品在庫部品も渡した、

最近エキゾーストパイプからマフラー一式で新品を入手することが出来たと知らされ、

モンキーレストアへの「本気度?」が理解できた。

四輪ならステンのマフラーを購入できる程の福沢諭吉と引き換えにHONDA純正マフラーを購入
IMG_1610.jpg IMG_1611.jpg

シート等も純正品を購入。
2011052218010000.jpg左新品

完成した暁には、SP311のレース時にはサーキットのパドック足として使いたいと言っていた。

さて、これをアップ準備したら、F1GPスペインカタルニア決勝を見なくては。

明日は寝不足かな?


ネットサーフィンをしていたら、懐かしい動画に出会わした

名車列伝Greatest 70'sという名の、旧車題材にしたゲームのプロモーションビデオだったと思います、
グレーテスト70

TOYOTA2000GT、ヨタ8、HONDAS800、べレット、ブル510等と共にSR311は次をクリックすると動画が見られます。

Greatest_70`s_-_Datsun_Fairlady_2000に登場する筑波サーキットを駆け抜ける赤いヨンニSR(ハ-ドトップ仕様)の

テールに張り付いているクリームの後期型は自分のSR311です。

当時を思い出すと、知人がビデオ製作に協力するので、SRを貸してほしいと貸し出したもので、

自分は撮影に立ち会っていません。

製作・販売会社は不明で、きっと世に出回ったものなのでしょうね!

Youtubeには海外のDATSUN ROADSTERの映像が多くアップされていて、

アメリカで目立つのはエンジンをコンバートされたモンスターSRが見れますね。

クラブ春の集い②

河口湖ミーティングの続きです

前夜ホテルのベットにもぐり込んだら右足首とふくらはぎに違和感を覚えた、

久しぶりのワインディング攻略で、日頃の運動不足が露見して、関節と筋肉が少し悲鳴をあげはじめた。

こんなこともあろうかと?用意しておいた「バンテリン」塗布して寝るが、枕が替わってなかなか寝付かれなかった。


IMG_1599.jpg
翌朝、置きぬけの朝食を平らげ、快晴に感謝するが、高原のこんな良い天気の中、

クラブの会議で四時間も費やすなんて勿体無いと感じたのは自分だけでないと思う。

話し合われた内容も愉しい話題ではなかったので、余計に感じたのかも?

「土曜の愉しかった時間が台無しじゃー」と叫びたくなるのをグッと堪えた。

遠来の仲間を考慮して、記念写真を撮影し、各自出発準備をすませ、高速の渋滞が始まる前に早々に解散、
IMG_1605.jpg SRのおしりって、ボリュームは無いけど結構魅力的で好きです。

写っているSP310の2シーター(珍しい)はくるまもオーナーも語りかけている人物も超ご老体で、養老会?と見えるがしっかりSP310を駆っていた。
IMG_1606-改~1 IMG_1604改~1

クラブ春の集い

土曜日曜の二日間のミーティング、天気は快晴、

今回はノートパソコンを携帯していなかったので帰宅してからのレポートです。

嫁の大好きな富士山には雲が掛かっていなく、素敵な姿をしていました。

河口湖、富士急ハイランドの絶叫マシン「FUJIYAMA」と富士山のツーショット
IMG_1576.jpg

河口湖畔で仲間たちと再会を果たし、挨拶もそこそこにSP/SRの仲間達との富士五胡巡りツーリング、スタート、
川口湖畔 DSC00029のコピー~1
 
五月晴れの木漏れ日のレイクサイドのワインディングを

SRの太いトルクで3速⇔4速のセミオートマ?でゆっくり景色を愉しむ手抜き運転

途中、本栖湖で千円札の裏の写真撮影地のそばで、お弁当昼食休憩、

残念ながら、本栖湖面に映りこむ逆さ富士は見れませんでしたが、この様な絶景、上の千円札と見比べてください
IMG_1585.jpg

SRとのツーショットもパチリ!
20110514_052_1.jpg

「道の駅しもべ」まで足を伸ばし、峠を越えるワインディングは歳を考えずチョッと攻めてみました

後ろから付いてくる仲間のSRは、SOLEXの吸気音と旧いタイヤのせいか?結構なタイヤスキール音を出しながらコーナー攻めていた。

U20エンジンにも高原の美味しい空気を思い切り吸わせてあげようと、

右足に力を込めアクセルを開け、全行程80kmのSP/SR仲間達との久しぶりのツーリング、ワインディングを駆け巡りました。

IMG_1591.jpg IMG_1592.jpg
ホテルに着き、森の中の駐車場にSRを停めエンジンを休め、夕食は宴会と相場は決まって、

宴会が終わって部屋に戻っても引き続き車談義に盛り上がり夜は更けていった

続きを読む

ツーリング前夜

自分が属しているSP/SRのクラブの春の一泊ミーティングが5/14~15と富士五湖周辺であり嫁さんと参加予定

出勤前、SR311を引っ張り出し給油と、薄っすら積もった埃を濡れたセーム皮で優しく?取り除く。

ダッシュボードとセンターコンソールBOXを張替えて以来、初のミーティング参加、皆さんにお披露目?

土曜は早起きなので、この記事がアップされる頃はZZZZZと夢の世界に居たいが、

レース前、ツーリング前は気分が高揚してなかなか寝付かれず、「子供の遠足と同じだね」と突っ込まれます。

ミーティングには何台SP/SRが来るか?楽しみです


千円札の裏面で有名な本栖湖のこんな富士山が観られるか?
富士山

千円札も五千円札も撮影者は富士山を愛した写真家、岡田紅陽氏「湖畔の春」からというのは有名な話ですね、

かつて岡田紅陽氏は富士フィルムの後援を受け「富士山を撮影する会」を主管して、

自分の伯父がハッセルを抱えて、その会に参加していたことを幼少の記憶にあります。

撮影ポイントは本栖湖畔 レストラン浩庵の裏手の山で、そのレストランには岡田氏夫人より寄贈された写真現物が有るそうです。
fujisann.jpg岡田紅陽「湖畔の春」


F1走行

6/5(sun)日本初F1マシンが公道を走る!!

フランス、パリなどではF1デモンストレーションとしてシャンゼリゼを走らせる事を平気でやるモータースポーツに理解ある文化があるけど、

日本でサーキット以外では浅草寺境内やお台場駐車場など私有地内だけだったが、

ついに一般公道F1でも走行が実現するとのNEWSが飛び込んできた。
image001.jpg


場所は自分が出没していた1960年代後半から1970年代前半の記憶の横浜元町、いまや観光地化されてしまって、

浦島太郎状態ですが、昔からの店もまだあるようですね。

その元町目抜き通りを石川町側から元町交番に駆け抜けるようです。楽しみです。

しかし、F1マシンはHONDAでなく、今絶好調のレッドブルでドライバーはブエミの予定です。

そういえばゴールデントロフィ鈴鹿で与えられたPITは床にブエミと書いてあったと、まぁどうでも良い話題です。

FIデモンストレーションについては、次のサイト『レッドブル』に詳しく乗ってます。

TSサニー

初夏を感じる日曜日でしたね。

「長期ゴールデンウィークの最後の日」となった方もいるのでは(羨ましい・・・)

暖かい陽気に誘われ嫁車FITのサンルーフを全開にして、藤の花観賞と洒落込んだ。

首都高、東北道岩槻ICまでは、普段の日曜日よりも空いているのではないかと思わせるほど順調。

国の特別天然記念木として有名な牛島藤花園は藤の香りで包まれ、蜂などが蜜を求めて集まっているように、藤棚の下に集まる人の数も多かった。
IMG_1575~1 IMG_1573.jpg

京都の御大のB310TSサニーの内装が仕上がったとの連絡メール

今年はじめから仕事の合間に作業、雪と震災で二戦お休みで、時間を掛けしっかり仕上げたとのこと

ボディパネルをスケルトンからリメイクしカラーリングも去年までの雰囲気を払拭し、

内装は、御大こだわりの特注ドア・トリム&特注レカロのコンビネーションがお洒落です。
110509 003 110509 001
2011021518400000.jpg 気合の入り方が違いますね。そしてレーシングカーもお洒落じゃなくっちゃ!

トノカバー②

DANKAI仲間よりトノカバー新作の情報が得られ、早速オーナーブログを訪問しました。

SR311を御自身の描いているSR-LIFEで愉しんでいらっしゃる様子が伺えるブログで、

覗いてみたい方はこちらMY FAIRLADYをクリック!

ロールバーもセミ・オーダーで注文したと伝え聞いてます。

それに合わせたフル・オーダーのトノカバー、ヘッドレストも取り去ってすっきりしています。
SRトノカバー②~1

オーナーのカラー(特徴?こだわり?)が出ている乗り方は素敵だと思います。


ヒーターSW

春を迎え、横浜の実家の庭は草木の新芽が伸び放題!

雑草除去と植木の伐採に出かけたついでに、SP311-CLUBMANの手入れ?

前に用意しておいたヒーターSWの交換です。

これまで付いていたトグルSWも汎用品流用でそのノブが取れてしまったので、べレットGTのトグルSWを加工して交換です。
IMG_1563~1 IMG_1564~1
どうです?、リングナットが二周りほど小さいけれど付いてしまえば違和感ないでしょ、

その右はワイパーSW、更に右は本来FOG-SWですが、現在は電動ファン強制始動用SW、

電動ファンは、ラジエターのサーモSWで自動で動くのですが、念のため手動でいつでも働かせることが出来ます。

ダッシュのタコメーターのスパイ針が7800rpmを指しているのは、京都の御大が自身のR16エンジンを載せ「コソ練」したときのままです。


ついでに鈴鹿遠征用に外しておいた助手席DATSUNバケットも装着、(7月のレースでは再び外すのに…?)


ヒーターSWを交換していて、ふと運転席側に目をやると運転席のバケットシートとドア内張りのマッチングに目を奪われた。

黄色いネットドアポケット、そこに付くDANKAIワッペン!レースには不要でしょうが、レーシングカーを楽しむこだわりです。
IMG_1566~1

こだわりといえば、シフトノブの前に貼られたシフトマークステッカー、本来42年式SR311用に仲間が作ったものを、貼られてしまった(GOOD!)
IMG_1565~1

GW

ゴールデンウィーク初日4/29は、お仕事

4/30,5/1と出掛けた家族伊豆旅行、結局「渋滞」と

SR雨中走行はいとわないが、例の「三角窓上部の雨しずく」を鑑みて、嫁車FITを選択

出だしは東名高速、川崎から厚木までノロノロでしたが、

箱根ターンパイクを抜け、伊豆スカイライン、海岸沿いの135号線とすこぶる快調で、

海岸線の景色を愉しむ余裕も生まれ、こんなことだったらSR311で来れば良かったと思ったのは、初日だけ、
IMG_1530.jpg 

食べきれない伊豆の魚介類で腹を満たし、部屋付きの露天風呂を堪能してゆっくり出来た、
IMG_1533.jpg

翌日宿を出る頃には雲行きが怪しく、西伊豆松崎を目指す午後には本降りとなってしまった。

帰路は東名高速に向かう車で大渋滞、足柄SAからの渋滞にはまり、

25キロを2時間とゴールデンウィークの大渋滞をどっぷり体験できた。と負け惜しみ!
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。