プッシュロッド

ハードトップを天井から吊り下げるのに、ガレージを片付けていたら、

今年一月雪で中止になった鈴鹿Gトロフィレース前日練習走行でブローした記念品?が出てきたので、

曲がった軽量プッシュロッドとSTDのプッシュロッドを比べてチョッと計ってみました。
IMG_1794~1 IMG_1793~1

左はSTD,右は13.1グラム軽量のプッシュロッドです。(曲がってますけど)

IN,EXで8本、計約100グラム、これだけがエンジン効率にどれほど貢献するか?なんて判りませんが、

ひとつひとつのパーツの拘りが積もり積もって、功を奏することは察しが付きます。
スポンサーサイト

SP-OPEN化その後

フルOPEN化したSP311-CLUBMANから外したハードトップやフロントウィンドウは、

いつ復活させるか判らないので保管です。

車体に付いている時はそれほどでもないですが、取り外した物は、狭いガレージ内では結構な大荷物です、

ガレージの奥にHTは天井から吊り下げ、Fウィンドウは壁に貼り付けました。
2011082812340000~1 IMG_1786~1
エンジの毛布にくるまっているのが、Fウィンドウです。


汗だくのガレージの整理が済み、日が落ち、涼しくなったところで庭でバーベキュー

焼き物は海老、ハマグリ、イカ、さざえ、秋刀魚、とおじさんたちのバーべキューは主に魚介類でした。
IMG_1790~1 IMG_1785~1
IMG_1788~1



夏の風物詩

例年7月最終土曜日に開催されていた東京下町の夏の風物詩、「隅田川花火大会」が、

今年は震災の影響で約ひと月遅れの8月27日に開催された。

拙宅のマンションに入居した頃はリビングから見えていましたが、

通りをはさんだ向こう側にマンションが立ってからは、音だけの花火になってしまった。

夕食を早めに済ませ、食後の散歩で隅田川の土手に花火見物と洒落込んだ。

花火を写真に取るのは難しく、携帯のカメラではこの程度です。
201108271916000.jpg

針治療

去年、関越高速トンネル内で逝ってしまったSR311のスピードメーターの針が引き出しから出てきたので、リビルトを敢行。

時計などの針は芯とリニアに動き回転するけど、スピードメーターやタコメーターの針は、機械的に回転し続けるシャフトと、

針の付いている部分は機械的につながってなく、磁気や慣性で針は動かされているようです、

つまり、針の付いている部分の重量が変わると、指し示す値が違ってくるのが想像できますね。

同じ1グラムでも芯に近いところと、外側では発生するモーメントが違うくらいは理解できますが、

メーターの専門家ではないので、どう重さが変わったら、どれほど狂うのか判りません。

ですから今回の鍼治療じゃなくって、針修理はなるべく重量増を出さないように気を付けました。

芯から5?のところで一体整形のアルミ針が折れていました。

古い瞬間接着剤は湿気を吸って接着力が弱いので、新品瞬間接着剤で針の切断面だけで接着、

何とか付いたけど、切断面だけでは強度に不安なので、裏にアルミ箔を3層に折重ねた物で裏打ち補強しました


0.1グラム計測できる秤(これはFRP硬化剤を計るために有ったもの)で計った

修理前が「2.2g」、修理後は、たまに2・3gを示すが、落ち着くと2.2gで安定する。

10分の一グラム以下の重量が増えたことが判った。

下の写真は左は修理前、右は修理後
IMG_1781~1 IMG_1782~1

組みたてて完成!
IMG_1783~1

これがメーター誤差としてどれほど影響するか?判りませんが、スペアのスピードメーターが蘇ります。

旧車のメーターは簡単に新品が入手できませんがご安心、メーター修理のプロに任せれば、

針折れはもちろん、文字盤書き換えを含めてメーター修理できる、旧車のお助け職人がいます。


車検更新

街乗りのクリームSR311の二年に一度のお勤め「車検更新」です。

移動しようと横浜の実家へ、

ガレージのシャッターを開け、SRのシートに収まる。

鍵を差し込みセルを廻す前に、空っぽのウェーバーのフロート室にガソリンを満たすため電磁ポンプを働かせる。

いつものSRのコールドスタートの儀式だ!


ん?電磁ポンプが動いていない?再度鍵を戻し、同じ動作をする。・・・やはり電磁ポンプは動いていない。

三ヶ月前、ガレージに収めたときにバッテリー放電を避けるために、ターミナルを外しておいたか?

ボンネットを開け確認するが、プラス、マイナス共しっかりつながっている。

バッテリーの点検用小窓を覗くと、充電不足を示してた。「バッテリー上がり」だ。


仕方なく、手持ちの0.8アンペアの「おまけ」の様な遅速?充電器を繋ぎ、充電開始、

と言っても0.8Aの充電器はバッテリーには優しいが、まる一日以上充電しないとセルを廻すパワーは無理だろう


諦めて出直す準備をしていると、甥が尋ねてきた。

「渡りに船」と購入したばかりのホンダフリード・スパイクのバッテリーを繋ぐ。

再びSRのコクピットに納まり、キーを捻る。

元気良く電磁ポンプが働く、WEBERのフローとが満たされた頃を見計らい、アクセルペダルを2~3回蹴飛ばし、

WEBERの加速ポンプを働かせ、生ガスをINポートに送り込み、更にキーを捻る。

勢い良くセルが廻るがガソリンが不足しているようで爆発に至らない、

暫く、電磁ポンプを働かせ、更に加速ポンプを働かせ、セルを廻す。

ガスがシリンダーヘッドに回った様だ、咳き込みながらエンジンは目を覚ました。

ハンドスロットルレバーを引き、1500rpmで暖気をする。

エンジンが温まるにつれ回転が高くなってきたので、ハンドスロットルを戻す。

アイドリングを保っている。よし帰れると確信した瞬間だった。(と小説風でしょ?)

2011082217400000~1


前回純正AMラジオから交換したFMラジオ用に、昔のカーステレオ用スピーカーを引っ張り出した。

アルミ代キャストのスピーカーフレームが力強く、しっかりしたパネルに取り付け、バッキャビティを付ければ、しっかりした低音も期待できそう。

とりあえず床に転がしたまま配線をするとステレオの輪郭がはっきり表現できることを確認できた。

2011082217480000~1

DANKAI大阪M

急に気温の下がった週末、チームDANKAI大阪ミーティングを敢行

大阪在住のDANKAI仲間に新幹線新大阪駅でピックアップしてもらい、

昼食は梅田「ぼてじゅう」のモダン焼き(お好み焼き)!

食後は大阪見物で、秀吉ゆかりの大阪城。

館内展示物を眺めると、ひとことで大阪城と言っても波乱万丈の変遷を知ることが出来た。
IMG_1739.jpg

通天閣前で他のDANKAI仲間待ち合わせ時間に余裕があったので展望台に昇ってみました。

通天閣の歴史はさかのぼることおよそ100年、明治45年、第五回内国勧業博覧会跡地にルナパーク遊園地建設時、
パリ・エッフェル塔を模したことまで遡れます。
IMG_1743.jpg

合流したDANKAI総勢8名はじゃんじゃん横丁で名物「串かつ」で大盛り上がり、ソースの二度付け禁止などの掟を教わり、次々とビールで流し込む

二日前のDANKAI東京ミーティングの話題(筑波耐久レース)を持ち込み、更にヒートアップ
IMG_1756-2.jpg IMG_1752.jpg
IMG_1751-2~1


盛り上がった勢いはとどまるところを知らず、週末土曜日賑わう道頓堀に繰り出し、
ご存知「グリコ」看板を背に記念撮影と完璧に「おのぼりさん」を演じていた。
IMG_1764.jpg

深夜12時を迎える頃お開きで、その日の泊まりは、日本屈指のホスピタリティを誇るホテル
IMG_1772.jpgで、大阪夏の陣?の余韻を枕にぐっすり夢の世界でした。


手術進行中

民族の大移動の大イベント「お盆」が終わり、昨日は今夏最高気温を記録した東京、

今日は、一転して低い雨雲で覆われ、横殴りの風雨で気温もグッと下がりました。

当方はずっと仕事で、大渋滞とは無縁で過ごせませたが、大渋滞にお世話になった方もいらっしゃるのでは?

ブログもやっと更新です。待っていてくださった方々に感謝です。


下のバイクのタンクとサイクルフェンダーは

DANKAI仲間の娘婿のカワサキのトレール車のもので、

お盆前、SP311-CLUBMANの板金修理している板金屋に塗装で持ち込まれたもので、

最初はトレール車ならではの迷彩色希望だったが、SP311-CLUBMANを見て急遽替えたそうです

頭の良さ?が笑えます。
NCM_0001~1


さて、お盆前に手を付けられたSP311-CLUBMANは、お盆明けは粗かた板金の整形が終わろうとしています。

左フロントフェンダーも外され、塗装もはく離が済んだ状況です。

整形するのに邪魔だったフロントエプロンのスポット溶接を剥がし、それぞれで整形

この後、再度ドッキングだそうです。

2011081816040000~1 2011081816050000-2~1 別体エプロン

弓の字に反り返っていたインナーフェンダーも直線に戻っています。

レーシングカーでは不要なアンダーコートがしっかり残っていますね。(要、軽量化箇所?)
2011081816050001~1

塗装されるのも時間の問題!と期待に胸が膨らみます。


手術中

持って行った後期型の中古フェンダーを見て、「前期SP311に合わせての修正には手が掛かる」

「同じ手をかけるなら付いているのを修正しよう」と、

使えないモノを持ち込む姿に業を煮やした仲間の板金屋は、見かねて作業開始!

付属パーツでフロントマーカーとヘッドライトリムが押されて変形している。

ヘッドライトリムは修正OK、フロントマーカーBODYは日産から新品(品番異なる)が出るので交換です。

おおよその形を板金してからフェンダーを外し、インナーの調整だそうです。

板金業界で叩いて整形出来る『ザ・職人』が少なくなったとよく聞く中で、仲間の板金屋は貴重な存在で、

話を聞くと、修行時代良い親方に仕込まれたそうです。

これでなんとか見通しがたちそう。ホッ

LDwmabz2To0L1iXx0503ks3kskXL01.jpg Befor

手術途中です
板金201108-1 板金201108-2

ブログ夏休み?

まるまる一週間の早いブログ夏休み??(会社はキッチリ出勤です)

その間、SP311-CLUBMANのひしゃげたフェンダーの修理交換用の中古フェンダーを求めてバタバタでした。

なんたってSPのフェンダーは中古でも簡単には見つかりません。

仲間の協力のおかげで、やっとの想いで見つけ、入手したフェンダーはSP311だったが「後期用」でガッカリ

後期用はSP311だろうがホィールアーチの張り出しはSR311と一緒です。一から出直しです。


下の写真は、GT-RとZ432を持っているS20狂い(失礼)が趣味で作った季節物

「往年の日産ファクトリードライバー団扇?」

右から高橋国光さん、北野元さん、砂子義一さん、都平健二さんらが、

筑波サーキットに後ろに歴代スカイラインを並べての揃い踏みです。

高橋国光さんは1986年、鈴鹿サーキット20周年記念イベントで私たちのSRレーシングに乗って頂いたこと、

北野元さんはCG-TV「SR特集」で富士で乗ってくれたことを良く覚えています。

皆さんお歳を召しましたが、当時のファクトリーユニフォームを模したレーシングスーツを着ると格好いいですね

DSC00032~1 DSC00033~1


プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ