徹底洗車

雨後の水分をセーム皮で拭き上げるくらいで、ほとんど乗りっぱなしのSR311を徹底洗車&ワックス

ホィールのブレーキパッドのカスを中性洗剤とブラシを使ってゴシゴシ

水で良~く流して、パーツクリーナーを吹きつけ水気取りを兼ねてと細部の汚れを洗い流した、

タイヤはタイヤブラックを吹きつけ汚れ落しと艶出しなのだけど、艶が出すぎるのを嫌って、乾く前に布でふき取る。
SANY0102~1 SANY0109~1

排気ガスを巻き上げカーボンで汚れ易いテールパネルや、モール、エンブレム周りは、クリーナーと歯ブラシでスッキリ、

そこへ今回の徹底洗車仕掛け人DANKAI仲間が駆けつけ、二人掛りで仕上げる、

細部の汚れを徹底的に落とし、全体的な水垢も落としたSR311は、さわやかな初夏の日差しの中輝きを復活、惚れ直し?。
SANY0104~1 SANY0107~1


調子に乗ってエンジンルームの汚れやボンネットフード裏側まで手を伸ばしている姿に、

傍らでレジャーシートに座って、この作業を見守る?ザ内装職人と我嫁は「呆れ顔」
SANY0108~1 ボンネット裏~1


いきなり徹底洗車をされたSR311は「三行半」が出されると思ったのではないかな?

徹底洗車の訳は、来週、東京青山で催されるDANKAI仲間の長女の結婚式会場エントランスに、

SR311を飾る晴れがましい役をおおせつかり、徹底洗車と成った次第


数日置くとスターターの回りが弱くなるのを見かね、結婚式当日SR311で行けなく無くなっても困ると、

お礼にと新品バッテリーを提供戴いたので、早速付け替え(ありがとう!)
SANY0106~1






スポンサーサイト

Fサス アッパーアーム

今回のFサスペンションOHで、昨年手がけたアッパーアームはそのまま未着手

しかし、ネガティブキャンバーを稼ぐシムは複数枚(合計シム厚十数ミリ!)で取付けられていた、

ズレやねじれ等で動き易いのでは?と嫌って厚さを指示し一体ブロックで作成。

ステンレスの塊からの削り出し装着、見た目もシッカリ!スッキリ!

当然ボルト&ナットは新品使用
SANY0089~1 SANY0091~1

SANY0090~1

アッパーボールジョイントの純正ゴムブーツはご他聞に漏れず短期間で解け始めていたのでこれも交換。

しかし、写真に写っているシャーシーは汚いですねー

SR311コラムカバー

ボスの交換をしていたら、コラムカバーの割れが気になり修正、

後期SR311のコラムカバーは上下分割、三本のビスで合体している。

その三本のうち、左側のボルト穴周辺が割れ、割れた残骸を瞬間接着剤で接着したけど、力は掛けられなかった

今回プラスティックパテで盛って整形、穴を開けボルトを締め付けられるようになり、左側の合わせ目が口を開くことがなくなった
IMG_2860~1 IMG_2873~1


いままで、仮止めのビニールテープを放っておいて糊がこびり付いているので、少しは綺麗に

3Mの「ラッピングフィルムシート」という超精密研磨用と謳っているシートで磨き上げた、

こびり付いたテープ糊は綺麗に落ち、プラスティックの細かい傷も落とせた、

#2000相当だそうで、さすが深い傷無理だったがご覧のように全体的に小ザッパリして自己満足

IMG_2874~1 IMG_2875~1


出戻りフロアーマット、

長いこと友人のSRに出向?していたDATSUNフロアーゴムマットが諸般の事情で戻ってきた。

SP/SR専用と言うわけでなく、汎用品なのだが、まぁまぁで違和感無しでしょ、

現在となっては販売しているところは見かけない、

その間はカーペットを切った物を代わりに使っていたけど、ようやく元のさやに納まり、これから長い付き合いに!
IMG_2859~1

ステアリング・ボス交換失敗

これまで使っていたステアリング・ボスはフラッシャーレバーのセルフキャンセルが効かず、手で戻していた、

自分は慣れたけど、たまに乗る友人は戸惑っている、

傍で笑っているのも趣味が宜しくないので、直すことに。

そもそも、今のボスにはキャンセル・ピンが付いていない。

一度付けたのだけどピン穴がゆるく「バカ」に成って、外れてしまって以来そのまま・・・。

デブコンで埋めて3mmの穴を開けてと考えたけど、このボスはSP/SR用というわけで無く、

コラムカバーとボスとの隙間が(写真のように)大袈裟に空いている。
IMG_2858~1 SANY0012~1
倉庫から引っ張り出したパーソナルのボスは何用か?判らないけど、

セレーションもテーパーもぴったり、

多少の加工で使えそうなので、あてがってチェック
SANY0016~1 SANY0020~1
干渉するところはキャンセルピンのベース=ピン穴を3mmキリで2ミリ深く、

長さ15mmもあるキャンセルピンは金鋸で5mmカット、

コラムカバー2mmカットとボス外周はヤスリで3mmカット、

ホーンの電源用のリングはミニルーターにディスクサンダーを付け、しこしこと削り5mm沈み込ませる

とステアリングシャフト側の加工を終え、ステアリング取付ピッチ(PCD)がパーソナル&ナルディタイプなので、

オートバックスでMOMOピッチアダプターを購入、この厚さが10mmなので、ボスのセット長がピッタリ。
IMG_2846~1 IMG_2870~1

IMG_2871~1

これで、「完璧!」と取付け、ステアリングを回し、フラッシャーレバーを動かしたとたん、ホーンが鳴り響いた、!!

あわててバッテリー端子を外した様子が浮かぶことでしょ(苦笑)

フラッシャーレバーのガタで、クリアランスの少なすぎたホーン電源と接触、再加工を要求され、今回は断念!(沈)

めげずに再挑戦するつもり・・・・。


浅草 三社祭 宮出し

日曜は朝4時半起床、祭り装束に着替え、浅草三社祭り、本社神輿宮出しに行った。

6時に開門、入場したら直ぐ締められてしまうので遅くれる訳にはいかない。

浅草神社をでた本社神輿は浅草寺正面で勢いを増し、ビデオカメラを構える自分のほうに突っ込んで来た、

後退して難を逃れたが、目の前の方が怪我をした様子。

二年ぶりの盛り上がりと混乱する宮出しの映像をアップ↓

浅草 三社祭

自分の三社祭は表六ヶ町の宵宮で始まった。
SANY0023.jpg


六ヶ町の高張り提灯を先頭に、六基の神輿が雷門をくぐり、仲見世を抜け、浅草神社を目指す。

ライトアップされた浅草寺の建物と提灯を纏った神輿は、夜の浅草観光客の目を楽しませていた。


明けて、土曜日、各町内神輿連合渡御で、浅草観音裏には今年は四十二ヶ町の各町内神輿が勢ぞろいする様は圧巻、
SANY0038.jpg

いよいよ明日は四十四ヶ町の本社神輿渡御、宮出しは午前6時、早起きしなくては!

Fサス点検

取り忘れた「かすり傷」の修理後の写真、

ザ・板金職人のおかげで綺麗に直りました。「まいどっ!」の声に迎えられないように注意!注意!
IMG_2816~1

ちなみに相手のホィールとタイヤの跡が良く判るビフォーはこちら
2012041512240000.jpg


SP311-CLUBMANはFサスペンション分解作業に突入、

自分の出来るのは泥油と何層にもコーティングされたシャシーブラックと錆落とし、

仲間のK自動車の軒先を借りて、文明の利器(サンダー)を使っても1時間で出来る範囲は知れたもの、

毎日コツコツ磨いていれば、終わりが見えてくる。

入り組んだ所はサンドブラスト、終われば脱脂して塗装が待っている。
IMG_2815~1 IMG_2851~1

IMG_2857~1

土日に「一気に!」と攻めたいところが、今週末は、昨年震災で自粛した「浅草三社祭り」、

金曜の夕方、宵宮から神輿が出る、本社神輿も担ぎ仲間も二年ぶりなので、楽しみ!
三社マーク


SP/SRの困ったところのインチサイズの足回りのボルト&ナットを探していたら、

ネットで見つけ、ご近所ということで夜に訪問、ご家族で厚く出迎えられ恐縮です、

ボルト&ナットを譲って頂き、お嬢様、奥様達と愉しい語らいのひと時を過ごし、

氏所有のの里帰りしたばかりのSRLとお見合いツーショット「有難う御座いました」
IMG_2869~1 IMG_2866~1


パーツ磨き(寄り道編)

ロアースピンドルブッシュの在庫が無いか?とあさっていたら、旧いバッテリーステーが出てきた。

このところの磨き&リペアー癖で、つい手を出してしまった。

旧い塗装と共に錆を落としてピカピカ!

サフェーサーを塗り、黒ラッカーで仕上げです。
SANY0009~1 SANY0010~1

IMG_2814~1 IMG_2842~1

IMG_2839~1 IMG_2841~1


蝶ネジはM6の新品、ロッドのネジ山はダイスでサラってOK、

バッテリーのサイズさえ合えば、何時でも出場可能!

勢いでラジエターサブタンクのまだ漏れていないヘアークラックを予防修理

去年のサブタンク修理時は80Wの電気コテで上手くハンダが流れず

(去年のブログはこちら→前回のサブタンク、今回は100Wの電気コテを用意、

たった20Wのコテの違いを思い知らされた。

ハンダは楽に流れ、ヘアークラックの隙間にも流れ込んでいく様子が判った。
SANY0007~1


スラックスを洗い流し、クリアーラッカーで塗装仕上げ。



Fサスペンション分解

前回の富士でのブレーキング時のジャダー究明に、DANKAI仲間のメカニックが分解点検を開始
IMG_2815~1

IMG_2817~1
個々パーツで「これが原因だ」というところは見つからなかったが、

長いことメンテをしていなかったロア・スピンドルは固着したり、緩かったりと適切な状態ではない

スピンドルの山は潰れているものの、やせてはいない。

スペアを含めて4本のうちから一番良いものを選ぶことになるだろう。

スピンドルブッシュは当然新品使用が鉄則!
IMG_2822~1 IMG_2823~1

ネガティブキャンバーを設定するアッパーアームの取り付けシムに使っている数枚の丸ワッシャーは、

アッパーアームのロケーションのねじれを生む原因かもしれない?

この際、2穴のブラケットシムを作ることにする。
IMG_2819~1

下の写真、ロアアームに亀裂発見!

縁石か何かにこすり続けたようにボルト頭とロアアームが削られクラックが入っていた。

自分はロアアームを擦った覚えが無い・・・。今まで気が付かずにいた、危ない危ない(汗)

スペアーのアームと交換は必須項目
IMG_2824~1 IMG_2826~1

まともにメンテしていなかったFサスペンションからは、ビックリ箱のように出てきますね。

分解前にアライメントも点検するが、とくだん異常なし、

分解点検してみるがフルブレーキング時のジャダーの決定的原因は見つからず、

各部品の複合的な症状としか判断出来ない。

これから各パーツの洗浄、塗装、ボルトの手配、そして組み上げと作業は山ほどある、

Carroll Shelby

キャロル・シェルビーが永遠のレジェンドに成ってしまった。(享年89才)

ネットサーフィンしたら次々にシェルビーを惜しむ声が聞かれるサイトに出会い、その中から写真イラストを拝借しました。
carroll_shelby_driver~1
シェルビーコブラの名でスポーツカーを送り出し、多くのファンを魅了しているが、

もともとはレーシングドライバーであることも有名

1949MG-TCで初ロードレースに出場して以来、

ジャガーXK120、アストンマーティンDBRではルマン24Hにも優勝、フェラーリ・モンツァ、などなどを駆り活躍した。
シェルビーMG-TC

1970年友人が’68年製シェルビーGT500の中古を買ったことが、自分がシェルビーとの初出会い、

1970年当時ノンスリが入り、レザー巻きのロールゲージが備わり、フードピンが備わり、

ボディサイドにエアースクープを携える、とてもレーシーな姿と走りにビックリした想い出が今も鮮明に残っている。
1968_gt500.jpg


キャロルシェルビーとスティーブ・マックイーンとスポーツカー好き同士のツーショット
shelby-mcqueen.jpg



パーツ磨き

泥を掻き落としたサスペンションスペアー部品、

ワイヤーブラシでは落としきれない錆跡は「錆トルネードサンダー」の出番。

錆取は3Mベベルが有名ですが、目詰まりもなく、力を加えず、素材を痛め難く安価に磨き出せる。

入り組んだところはサンドブラストにご厄介となる。
IMG_2807~1 IMG_2808~1

バンプ・ストッパーベースも同様に錆取。

このロア・アームには、純正では見ない、厚さ3mm~4mmの台形補強プレートが入っていた。
F.サス図


SP/SRのロア・アームは組立て式なので、剛性を上げるためには効果的かも・・・・。

さっそくSP311-CLUBMANに組込み、試すことに!
IMG_2806~1 IMG_2804~1

ボールジョイントも古いグリスを洗い流し、塗装をし直し新しいグリスを充填
IMG_2809~1 IMG_2810~1

っと、今日5月10日、バレンタインでのプレゼントをかじることで?歳のバースディ???
IMG_2813~1

美シャーシ

SP311-CLUBMANの「かすり傷」がGW前に仕上がっていたのをやっと取に行けた。

ザ板金職人の元には仕上がった裏返したSR311のシャーシが鎮座

パテ研ぎの埃を払うと顔が映り込む輝き、

「やり過ぎ!」と思ったけど、オーナーにとっては嬉しい事ですね。
2012050811110000~1

ひどく腐っていたところは思い切って切り取り、新たに作り上げたらしく、「何処」と言われないと判らない。

黒い鏡面の輝きは写真では表現しきれないけど、とにかく「すごい!」のひと言
2012050811110001~1 2012050811110002~1

2012050811110003~1
裏返したシャーシの下の青い架台はSP/SR専用に用意されたとか・・・。

自分のSPの修理後の写真を撮り忘れるほどだった。

渋谷ヒカリエ

先月26日OPEN、した「渋谷ヒカリエ」に嫁のお供

11階からの渋谷駅東口(銀座線が見える)と新宿ビル街の遠景
IMG_2798~1 IMG_2796~1


自宅でモトGPポルトガルを見ているリビングの窓にライトアップされたスカイツリーが飛び込んで来た。

隅田川に10万個のLEDライト「いのり星」を流す「東京ホタル」というイベントに合わせた点燈だそうだIMG_2801~1

スカイツリー開業まであと16日

塗装工場?(ブース)

マンション住まいの我が家のベランダ工房での悩みは、塗装作業。

強風や天候に左右され、機を見てダンボールブースで、缶スプレーで塗る。

こんな感じです(苦笑)
IMG_2795~1

奈良散策、その-2

中学校の修学旅行以来の奈良社寺散策、木造建築の匠の技に改めて感動を覚えた。

幾つ出会ったか?かずかずの「国宝」の建築物や像!

東大寺の巨大な木造建築にびっくり!
IMG_2744.jpg

26℃を超える暑さの中では、法隆寺の敷地の広さは厳しい!
IMG_2756.jpg

興福寺の阿修羅像とは数年前の上野以来の「お久しぶり」
IMG_2774.jpg

薬師寺!
IMG_2786.jpg

唐招提寺は千手観音のOH写真に感嘆!
IMG_2789.jpg

各寺では改修工事が盛んに行なわれている最中で、既に終了している内容を見ると、

基礎までバラし、補強と修復している姿は、まるで旧車レストレーションを髣髴させられる

若草山に登ると盆地に形成された奈良の市街が一望できた。

GW奈良散策

GW、民族大移動の片棒を担ぎ、新幹線で一路奈良へ

古都散策の途中、京都の御大を訪問、

事務所にはSP/SRの元祖、御大秘蔵のSP212が車検を終え、街中に乗り出す準備万端、

ちょうど良い雰囲気のCSPも整備を受けていた。
IMG_2755.jpg CSP~1

数少ない珍しい最後期(S47年)型PS30(Z432)は、これまた珍しいブルーの純正色

足元は432純正オプションのレプリカアルミ、コクピットは純正オプションのロールバーは珍しい
432-1~1 IMG_2750.jpg 

IMG_2753.jpg

夜は御大行きつけの大和肉鶏づくしを堪能、いつものように酔っ払い・・・・。(沈)

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ