スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華燭の宴

相模「宮が瀬」に秋を求めた翌日、「姪の結婚式」に参列で訪れた横浜山下公園は見事な黄葉の銀杏並木

横浜は麒麟麦酒発祥の地の祝いビール「KIRINラガー」は浜っ子の掟
IMG_3610.jpg IMG_3644.jpg

山下公園に面した会場は、現在は名称が変わっているが、その昔「ザ・ヨコ」の通称で地元に親しまれたホテル、

最上階の披露宴会場からYOKOHAMAベイの夜景越に、

ライトアップされた東京タワー、東京スカイツリーが良く見渡せた(カメラには収まっていないけど…)

翌朝ベイザイドの部屋の窓越に黄色い銀杏並木を鳥瞰で観賞、とこの二日間で心は「和み」で満タン!?
IMG_3656.jpg STC_3669.jpg


CSスカパーTVで天候大荒れのF1最終戦ブラジルGP観戦、

アロンソ2位、ベッテルシリーズチャンピョン決定を確認した頃、

数年もの間、連絡を取っていなかった後輩より、携帯メール着信

内容はブレーキに関しての体験話で、タイムリー過ぎるので、聞いたところこのブログを見てくれていたそうだ、

後輩といっても、学生の頃バイクのレースやSLOTカーレース、またビリヤード(四つ玉)を一緒にやったりした間柄で、

特に音楽感性が豊かな彼から影響を受けたひとりで、現在も元気にサウンドプロデュースの世界で仕事をしている、

このブログを見ていると聞き、嬉しくまた少々照れくさかったが、見えない繋がりに役に立っていることを感じた

スポンサーサイト

秋を求めて

行楽シーズンの三連休、世間並みには休めなかったが、土曜日、

年に一度の紅葉を求め、昼過ぎに自宅を出た頃は、関東各地の各高速は渋滞が始まっていた!

空いていそうなルートの中から神奈川県「宮が瀬湖」周辺に向かい、到着した駐車場はやっと停められる程の混雑ぶり、

さすが、行楽シーズンだな~と感心していたら、とんでもない状況に迷い込んだらしい?

クリスマスイルミネーションの点灯初日のイベントが繰り広げられいる会場に迷い込んだようだ
IMG_3592.jpg IMG_3596.jpg

折角だからと、気温6度の寒い中、日没まで待ち、花火と共に点灯されるイルミネーションを見物!

自生する高さ30mのもみの木に施した電飾ツリー
IMG_3598.jpg

電飾ツリーと冬の花火、右上には「月」も仲間入り
IMG_3602.jpg

秋を求めてのプチドライブが、クリスマスを戴いてきてしまった?

体は寒かったけれど、心は和ませてくれた。

タコメーター取り出しキャップ

SP/SRの純正タコメーターは機械式、

ケーブルの取り出しは、ディストリビュータ・マウント部から分岐されている。

SP311-CLUBMANは、一昨年、年末クロノメトリックの動きを再現した電気式に換えているので、

タコメーターケーブルは外してある。

以前は、インチ規格のちょうど良い物が無く、有り合せのプラキャップで塞いでいたが、

いつの間にか何処かへ勝手に旅立ってしまった。

オイルが、だらだらと漏れるわけでもないけど、なんとなく精神衛生上よろしくない、

と言う訳で、ケーブル接続アダプターを取り外し、エポキシパテでキャップ製作!

力のかからない単なるキャップなので、パテだけで充分だろう(と勝手な解釈)

型と成る本体側にシリコーンの離形剤をぬり、ネジが切っていない部分には、

ダンボールにアルミテープを貼ったにわかスペーサー、

これ重要!根元のネジが切っていないところにパテが入ると、外れなくなる。

実は、一度失敗した(失敗は成功の母!)

IMG_3587~1 IMG_3588~1

パテが固まる前に、おおよそ六角に整形しておくと手でも緩むことを発見。
IMG_3589~1 IMG_3591~1

この後は、ヤスリで整形し、塗装でもしようかな?

続SP311ミラーカバー

テストピースを実車にあてがうと、頭で描いていた色より実車がだいぶ薄いことが判明、

色の記憶はあてに成らないことを思い知らされた。

白にスカイブルーを調合する順序をかえ、テストピースの半分位の白っぽさをイメージして、再調合、

スプレー塗装しようとピースコン(ボンベ式エアブラシ)を探すが、どこかに紛れて見当たらず、乱暴に筆塗り

乾燥すると、まだ濃い感じがした
IMG_3586~1


色調としては全然違うけど、イメージの統一性と可愛らしい水色なので「良し」とする。(安易な妥協?)

エナメル塗料は刷毛目が目立ち難い性質だけど、

広い面積ではやはり気になり、ペーパーで刷毛目を殺し、表面を円滑にする予定。

その後、ライトリムやRグリルのメッキ部の塗装と、

ヘッドライト等をPCでデカールで作ろうと魂胆しているので、いつ完成するのか?暫くお付き合いを!

仕上げまでは時間が掛かりそう



SP311ミラーカバー

筑波エンデュランス耐久でサーキットデビューした、SP311マスク型ミラーは、

ダッシュボードにSP311マスクが乗っていることが理解できない方も見られ、

ドライバーシートに廻って覗き込み、「バックミラーだ」と判り納得する姿も見られた。

好評(?)だったSP311マスク型ミラーは仕上がりが、日光の手前「今市」じゃなくて、「イマイチ」だったので、

改めてリフレッシュを手がけようと、地肌を滑らかにし、

これまでステッカーやデカールでごまかしていたヘッドライト、グリル、エアースクープなどを彫りこみ立体感を出してみた。
IMG_3575~1 IMG_3576~1

パテで小さな凹みを修正した後サフェーサーの下塗りを済ませ、

上塗り用のラッカースプレーを探すが、丁度良いものがないので、その昔、プラモ、SLOTカーやラジコンを作った塗料を引っ張り出す。

いまや模型の世界では「世界のTAMIYA」のエナメル塗料が一般的だが、自分のお気に入りは「ハンブロール」(メイドinイングランド)
IMG_3582~1 

ハンブロールの缶パッケージデザイン各種と、右のように昔はRacing Colorがあって、

葉巻型のフォーミュラ時代はナショナルカラーがあり、

さらに同じ国のナショナルカラーでもメーカーカラーが存在し、それがプラモの世界にも存在した、
IMG_3581~1 IMG_3578~1 

左はドイツシルバーの「ポルシェ・シルバー」、右はブリティッシュグリーンの「B.R.M・グリーン」

缶が汚くてやっと読めた
IMG_3579~1 IMG_3580~1

他には「イタリアンレッド」「フレンチブルー」「ニュージーランドオレンジ」と「ジャパニーズホワイト」=HONDAがありましたね、


SP311-CLUBMANのボディカラーは「ザ塗装職人」の複雑な特別配合で色を合わせられないけど、

雰囲気のスカイブルーの濃さを調合してはテスト塗りを繰り返すが難し~い、

結局テストピースを実車を比べようということでSP311マスク塗装は一時中断(凹)
IMG_3584~1

40数年前のハンブロールは分離が激しく撹拌メンテしないと使えないので、TAMIYAの出番となった。

遠来の仲間

遠来のDANKAIメンバーが仕事で東京を訪れたので、お互いの仕事のあと、夜は仲間達と「飲み会」

JCCA筑波エンデュランス60分耐久の話題で盛り上がり、だいぶ飲みすぎ、

居酒屋をあとにし、駅まで歩き始めたら、思いっきり酔いが襲ってきた、

どうやって帰ってきたか?も定かでなく、帰宅を迎えたスカイツリーはこの様に見えたか?(大げさ)
スカイツリー-1ゆがみ~1

二日酔いの頭に気合を気合を入れ、何とか仕事をこなした15日、

普段はブルー基調の「粋(いき)」(上の写真の色)と

紫基調の「雅(みやび)」を一日毎、たたずまいを変えていたが、

クリスマスまでの毎週末 スカイツリーはクリスマススペシャル・ライトアップとやらで、

下の写真のようにシャンパングリーンでクリスマスツリー(もみの木)を気取っていた。
スカイツリー(写真は毎日新聞WEBよりお借りしました)
酒は程々にしないと!と反省

ブレーキローター

再発した、ブレーキジャダー!

京都の御大の「ローターやなっ」の一言で思い当たるのは、熱によるローターの歪み?


その昔、二輪2サイクルのマグネット点火時期を出す時に使っていた

年代物のダイヤルゲージを引っ張り出し、準備
IMG_3573~1

ローターの残り厚みは8.5mmでかなり薄くなり、薄くなると割れや熱による影響が出やすいと思う、

マイクロメーターでゆがみ測定(冷間時)チェックはパッド当たり面、中心近くでは0.05mmだけど、

外周近くでは0.13~0.15mmの振れを確認、コース上で熱が入った時にはもっと歪みが出るのかなー
IMG_3571~1 IMG_3572~1

いつもキャリアカーを借してもらっている仲間が、

中古を研磨しスリットを入れたローターを「使ってみれば」と言ってくれもした
IMG_3568~1 IMG_3569~1

ありがたく使わせてもらおうかと、思っていたところ、

旧車レースに造詣の深い当ブログ読者の方より、メールを頂き

「中古のローターは信頼度が低く、新品ローターに替え、安心して趣味のレースを愉しむのが最善!」

とプロ目線の厳しく、しかし暖かい注意を頂き、素人の浅はかさを反省、

新品純正ローターが無い現在、ソリッドローターを作るか?

それならいっそ熱にも強いベンチローターにしようか?

ベンチローターに変更するにはキャリパーからそっくり交換しなくてはならず、

14インチホィールを履けるmk63ベンチ用キャリパーは製廃だし、AP?、ブレンボ?、

懐具合を考えずに妄想は広がる!が、いずれにしてもこのシーズンオフに解決しなければならない課題だ。

早い年末商戦

近所のショッピングモールに年末を感じさせる早すぎるクリスマスイルミネーションが灯され、

その光は行き交う人に癒しを振りまいていた

全てのイルミネーションがLEDで作られている事を知らされたが・・・。
DSC_0073~2

「塵も積もれば・・・」とも感じたが、綺麗なものは綺麗だ!

レースの燃費?

11月、浅草の催し物、御酉様が8日(木)、20日(火)に開かれる。今年は二の酉まで、

我が家の恒例行事なので、夕飯をさっさと済ませ、浅草鷲神社へ、

ところが、いつもと違う時間帯に行ったら、大混雑!

駐車するところがみつからず、少し離れたDANKAI仲間の軒先を拝借し、

参拝行列に1時間も並び、やっとの思いで、お参りを済ませ、年末を迎える心構えが出来たのかな?
DSC_0074~1 DSC_0075~1

「幸運を鷲づかみ」の熊手を返納し、いつものようの神社が用意した由緒正しい新たな熊手を賜ってきた。
DSC_0076~1


話題はさかのぼって先週日曜の60耐久のレース燃費計算

レースでは燃費なんか全然気にせず、

床を踏み抜かんばかりに右足に力を込めてアクセルペダルを踏みつけているのは当然のことなのだけど、

スプリントでも耐久でも、コースINするときには、ガソリン積載量には、皆さん気を使ってますよね!

雨のレースで途中5周にわたりペースカーが入るという条件で、39LAP+ウォームLAP=40周

40周×2.07km=82.8km/およそ25㍑=3.3km/㍑、

ドライ時の走行から比べると、ずいぶんエコだった
DSC_0072~1

今回は計算も企てられず、残量20㍑も余らしてしまった

細かい部品修理

以前に直したデフロースターフィニッシャーの「刃欠け」が接着力が弱かったか?

簡単に外れてしまったので、再修理、

破断面をピッタリ合せる下細工と、新たな瞬間接着剤を用意して、

慎重に付け、しばらく固定しておくと、指で押しても大丈夫な程の強度が出た、
IMG_3549~1 IMG_3550~1

軽~く脱脂して、つや消し塗装、ついでに新作?スイッチつまみも一緒に塗装し完了
IMG_3551~1


秋のお彼岸に時間が取れず、(レースも終わり)落ち着いたので、

春・秋のお勤め両親の墓参り「雑草掃除」を果してきた(ホッ)
IMG_3556~1

ブレーキローター

レースで再発した、ブレーキング時のジャーダー

犯人はローターと目星をつけ、中古のローターが有った筈と実家ガレージ探索

直ぐに見つかり、目視状況は「まあまあ?」、厚みは約9.45㎜有る、

LPレコード盤の様な溝は加工屋さんで最小限のローター研磨して、

これでジャダーが消えてくれれば、安心してブレーキが踏める筈(お願い!)
IMG_3552~1 IMG_3567~1

夜は甥っ子夫婦を誘い、実家近くのラーメン屋でサンマー麺、

横浜にいた頃は何の疑問も感じないで、子供の頃から食していたサンマー麺、

東京ではめったに見かけず、聞いても知っている人が少なかった

サンマー麺(生馬麺)!もやしあんかけの素朴なラーメンなんだけど、

寒い日にフーフーいいながら喰らい付くのが良いんだなーっ
DSC_0073~1

JR京浜東北線を横浜から東京に向かい、川崎までのラーメン屋には有るけど、

多摩川の鉄橋を渡り大田区蒲田に入ると忽然と姿を消す「サンマー麺」文化?は横浜のものらしい。

ペットカドラー

DANKAI仲間がフェアレディ2000型、愛犬(愛猫)のペットカドラーを日産ディーラーで買って来た

外寸:約幅37×奥行き63×高さ16m 中敷き:約幅30×奥行き40cm

押すと「キュッキュッ」と音が鳴るハンドルがマジックテープで付属

SP/SR好きとペット好きの相乗効果の頭の悪さ?、困ったもんです。
DSC_0065~1 DSC_0068~1

リアーパネルの「Fairlady2000]エンブレムは刺繍でよく出来てる(感心!)
DSC_0067~1 DSC_0069~1

縫いぐるみTOYも「フェアレディSR311」って、もう手が付けられない状態(呆れる!)

それをブログで紹介するのは満更でもないのかな?
DSC_0066~1 DSC_0071~1

このオーナー、「リアにはマフラー(テールパイプ)と、やっぱりダッシュにはメーターが無くちゃ」と、ほざいいてる!

続報 筑波エンデュランス2012

今回のレーストピックスの幾つかを紹介、


海外レースに挑戦した先駆者、往年のドライバー「生沢徹」氏がJAF公式戦に復活!

911独特のアイボリーホワイトのポルシェ911(ゼッケンは当然?37番)を駆ってP68/75クラスに出場、

TEAM IKUZAWAのジャケットを羽織り、自転車でパドックを走り回る姿を見かけ、

予選ではスムースな走りでLAPを刻んでいた(写真は撮り忘れたので、こちから⇒藤原よしおTEAM IKUZAWA

楽しみにしていた雨の決勝は安全を考慮してか?決勝の勇姿が見られなかったのは残念!

生沢徹選手の自論を紹介(モータープレス ブログより引用)

「他人から意気地なしと言われようが、なんと言われようが
 自分が危ないと感じたら、オレはどんな状況でも誰よりも最初にアクセルを緩めた。
 だから、こうして今でもオレは生きているんだよ」


江戸遠征組のブログ仲間の赤いアルファ27番さん、ブログ改造記事をじっくり現車確認!本当に感心した。

「電動ウォーターポンプ」効果はSP311にも導入したいアイテム
IMG_3527.jpg

見事な「バネ下軽量化ホール?」は空気抵抗係数も下げられるのでは?
IMG_3528.jpg


バケットシート張替のお手伝いをしたHONDAS800 D5-5番さんのシート装着姿も「お洒落」でした

皆さん雨対策でD5-57さんは、狭いFウィンドウの視界確保の曇り止め!

後ろの27番さんは雨対策のタイヤ交換!
IMG_3529.jpg

両氏とも自身の目標予選タイムをクリアーされてたようで。ハッピー!

コンパクトデジカメではこれが限界、Sクラス雨中のフルグリッド(30台)の決勝スタート・シーン
IMG_3548.jpg


サーキットデビューしたSP311フロントマスク型ミラーカバーも実用性を確認でき、

パドック観戦の子供たちや女性から「かわい~い」と好評?
IMG_5552.jpg


SP311-CLUBMANの総括としては、オーナードライバーの練習不足はいつもの事ながら、

今回、E/オイル粘度変更した結果、回転ピックアップが良くなった。

ドライのときはタイヤ扁平率を下げたことで、

4.625のデフとクロスミッションの組み合わせを筑波に合せる方向に進める事が出来た

課題として、ブレーキ・ジャダー発生 → 雨で路面摩擦が減りロックし易い症状が顕著に現われ、

止らず、曲がらず真っ直ぐ行き怖い思いをした。

ステアリング系OH、上下アーム&スピンドルOHしたのに・・・

途方に暮れ、京都の御大に報告したところ、「ブレーキやな」の一声、

ローター交換で様子を見ることにした!(次への宿題)


プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。