バルケッタ幌

九十九里(千葉県)に移り住み現代的な仙人のような生活している小学校以来の友人がいる

その昔、ホンダs600を一緒にレストアをした記憶からか?

焼け木杭に火がついたのか?時間をもてあましているのか?FIATバルケッタを手に入れ、

最近ではSP311-CLUBMANの応援にサーキットに顔を出すようになった(バルケッタ納車の様子は←こちらから)

その友人から「バルケッタの幌を張りあげたよ!」のメールで様子を見に駆けつけると

小型ダンプが居て、土木作業の真っ最中、

広~い庭にバルケッタ用のガレージ(5.5m×3.6m)基礎作りの真っ最中

せっかく張りあげた幌を傷めない為にも屋根は必要だ
IMG_4272.jpg

米国製の幌を取り寄せオーナー自身で張り上げたと言うが、

用意した物は、押さえるクランプを10個くらいとボンドG17だけ、

既製品とはいえ、幌骨への組み付けは「和竿作り」をしている仙人だから出来たものの、結構大変だったようだ
IMG_4274.jpg

苦労の甲斐あって、キャンバス生地とクリアーのリアの視界を手に入れることができた
IMG_4273.jpg IMG_4275.jpg

オーナー自ら直した車は一層愛着が沸く事は想像できる
スポンサーサイト

FブレーキOH

DANKAI仲間のSちゃん(ザウルスチーフメカニックと勝手に任命)の手により蘇ったキャリパー、

当初S30Zのかと思い込んでいたが、S30Zと同型ながら一回り小ぶりで、ジェミニ用だと判明、

カップkitを組み換えご覧の様
IMG_4278.jpg IMG_4277.jpg


限界ギリギリなので軽~く研磨したローターと、根元が太いスバル用のクリップボルトを入れ替え溶接したハブとドッキング、

ドリフトBoyのN君手配の新品のパッドはこれからなので、走らせるまでは旧いパッドを入れておいた
IMG_4282.jpg IMG_4285.jpg
「う~ん、美しい」と身内の欲目?

バケットシート

日曜はDankaiザウルスプロジェクトの仲間が集まっての作業&打合せを敢行

「腹が減っては○×△…」っと、蕎麦屋の出前で揃ってランチ
IMG_4281~1

耐久各ドライバーの背(足の長さ?)にあわせ、フィックスのシートにスライド機能を持たせることが必須だ

しかし、バケットシートスライド機能を収めるには、現車のコクピットは狭すぎで検討さえ出来ず、

鋼管パイプフレームの代わりに木製モックアップを作り、位置決めとシート補強の追加場所の検討をする
IMG_4177~1 IMG_4185.jpg

シートスライドはザ・内装職人の所に転がっていた、軽か?何かの余り物

取り付けの余分なフランジを取り除き、改造して流用するので取り付けボルト溶接などは外注

木製のフレームモックアップにバケットシート、シートスライドを仮止めし、取り付けフランジの寸法出し
IMG_4276.jpg

スライドはフレームにフラットバーを溶接(次回)し固定できる

また夜な夜なベランダ工房の始まり





















耐久備品用意

まだ走るか?どうか?も判らない状態だけど、気の早い(せっかち?)爺たちは、こんなものを持ち寄った、

「MOON」製ワンタッチフューエルCAPを40年も眠らせていた引き出しから引っ張り出した

ACコブラに似合いそうな大きな物で、国産車や欧州車には不釣合いだけど、レーシングカーなら存在感有ってok!

実用性は???(雰囲気!雰囲気!)
IMG_4187.jpg

夜間走行に必須アイテム、FエアーダクトにぴったりのハロゲンプロジェクターLAMPを物々交換してきた
IMG_4186.jpg ラジエターair


筑波サマー案内

JCCAより2013筑波サマーの案内が届いた、

今年は7月7日(七夕さまだ!とのんびり)、7月28日ザウルスで茂木12時間耐久をターゲットに動いているので、

「SP311-CLUBMANの筑波は見送りかな?」っと考えていたが、

やはり、筑波参加を決意!!(締め切り6月7日金曜日まで)

筑波から茂木まで3週間のインターバルがある、

「継続は力なり」(これまで無欠勤で参加してきた)(休むと「逝ったか」と口の悪い慰めが聞こえそうだ)

年にたった3回しかないレースだ、(おまえ、あと何年走れるんだ?「今のうちだヨ」と、もうひとりの自分)

理由(言い訳)は何でもいい、走れるうちに愉しんでしまおう
IMG_4268~1


JAFライセンス所持者にはJAFモータースポーツ冊子が毎月届く、

今回は「ヒストリックカーレースの楽しみ方」が取り上げられ(Fクラス、TSクラス中心で)、

4/14ジャンボリーがの様子が紹介されs65のSP311-CLUBMANもちょこっと顔を出していた
IMG_4269のコピー~1

三社祭写真

日曜日、夕方ホツリホツリと来たものの、宮入まで何とか珍しく天気が持ち、

予想通りのとうきょうスカイツリー効果を感じる大勢の人出、

主催者発表は三日間で187万人と昨年を上回った

金曜日表六ヶ町の宵宮
IMG_4214.jpg IMG_4220.jpg

IMG_4225.jpg

土曜日の町内連合
IMG_4231.jpg

お昼は毎年、土曜は中華「ぼたん」の冷やし中華(写真取り忘れ)

日曜は「長浦」の天ざると決まっている
IMG_4240.jpg

日曜の雷門通りは歩行者天国になり「お祭り広場」と化す(スカイツリーと神輿のツーショット)
IMG_4250.jpg

本社神輿一之宮を受け渡された時はすっかり日が落ち

ライトアップされた東京スカイツリーとのグッドタイミング
IMG_4259.jpg

全てが収まり、近くの居酒屋でプライベートな「鉢洗い」で

神輿と一緒に練り歩き、足腰ガタガタで情けない体をアルコールでリフレッシュ

日本酒までたどり着き、やはり頭も壊れていった・・・。(反省)
IMG_4265.jpg モザイク


Bキャリパー点検

金曜から参加している三社祭、

町内神輿の合間をぬって、別の町会を担いでいるDANKAI仲間Y口さんを表敬訪問

神輿の話しがいつの間にかザウルスの話題になっている(笑)

昨日の土曜日の人出は、スカイツリー効果が表れている事を感じた

今日、日曜日はは三社祭のメイン、本社神輿(一之宮)渡御に参加だ、

自分たちの町会は今年、宮入直前の夕方、雷門前はいつもでもギャラリーが多く集まる時間帯だ、

今年の本社神輿、きっと観客、担ぎ手でゴチャゴチャになる予感がする

神輿、担ぎ手をガードする奉賛会のスタッフの苦労が思いやられる

【本社神輿順路】
三社順路2013

さてザウルスは、外したパーツを早速、DANKAI仲間のSちゃんがバラしてチェックレポート

BキャリパーはS30Z。S31Zのものと判明、対向のピストンもOK、

シールキットのOHでいけそうでホッ!
2013051308580000.jpg

ただ、キャリパーマウント穴に以前の補修の後があるので、この際キチンと要修理
2013051219570000.jpg

手で簡単に抜け落ちたPCD98のホィールクリップボルトは、スプラインが消えかけている、

ハブを変えるか、加工するか?溶接で着けてしまおうか?(う~ん)
2013051219580000.jpg

スバルは現在TOYOTAとのBRZ=86で蜜月状態だけど、

その昔FFスバルが4WD化した時期には、ブル510の独立懸架のデフを流用したのは有名な話ですね、

それから察すると日産ザウルスにスバルと日産のバーツが混ざっていても当然なのだろう!

おっと。今日はモトGP、フランスGP!! 予選と決勝のビデオ予約をしなければ・・・。

マスターシリンダー

前回、手こずったBマスターも外せ、早速中をチェック、
IMG_4183.jpg

腐食が進行して我慢しても使えない
2013051219570001.jpg

マスターを取り除いたA/B/Cペダルの様子

三つのペダルにはそれぞれワイヤーが繫がっている、

クラッチ=ワイヤー式、アクセル=もちろんワイヤー、

ブレーキは前後ツインマスターシリンダーのバランス調整ワイヤー
IMG_4184.jpg


今日、5月17日(金)から19日(日)までの三日間、いよいよ2013浅草三社祭が始まる

金曜日は仕事が終わってから宵宮に駆けつける予定、

日が落ちた頃神輿の提灯に灯が灯され、何とも良い雰囲気を醸し出す

写真は2012年の様子
SANY0028~1

ローター&ハブ

Bローターを研磨に出すので、Fハブナットを緩めようとするが、道具不足(凹)

それならと、道具の揃った工場でゆっくりと、Fスピンドルごと外してしまった

専用ワンタッチはタイヤ交換程度の高さには簡単に上がるが、

エンジンのあるリアは気合をこめないと!
IMG_4188.jpg IMG_4189.jpg

外したスピンドルはどうやらスバルFF用の流用品らしい、

元車の時はドライブシャフトが貫通していたスピンドルのハブはローターと共廻りする機構

ホィールボルトPCDは元車はPCD130だったものを、元穴からなるべく離してリドリルして、PCD98に成っている姿がうかがえた。

PCD98は日本車には珍しく、イタ車に良く見られるらしいですね、かーきちゃんさん!

現在スペアホィールが一本も無いのでは、耐久の万一のとき不安

PCD98、15インチ 7J OFFセット45位のを探さないと・・・。
IMG_4193.jpg
ローターはハコスカあるいはS30の物らしいことが判り、安全を期して日産に新品在庫確認

在庫100枚程度確認!「やったー」、

Q:価格は?→A:¥79,000!・・Q:「えっ四枚で」A:「いえいえ、一枚の値段です」

噂には聞いていたけど、日産旧車の部品の価格はどーなってるんでしょね、

社外の新品を探すか~

(SP311-CLUBMANの時にも、レース経験者から「ローターをケチッてはだめだ」と、温かい指導を受けた記憶が蘇った)


知り合いの素敵な奥様より誕生日プレゼントを頂戴した、

ぱっと見、iponeを髣髴させるが、正体は携帯電話ならぬ、携帯髭剃り(ありがたく使わせていただきます)
IMG_4212.jpg

エンジンの目覚め

五月晴れの中、エンジンを永い眠りから揺り起こすことが出来た

プラグを外し、シリンダーに直接、浸透潤滑剤を噴射、

ギヤを入れタイヤを廻し手動でエンジンを廻し馴染ませる、

バッテリーを用意し、FITからブースターケーブルで電力バックアップ、

セルモーターで空のクランキング、(行けそう?)

携行缶から新たな燃料を準備、燃料が噴射されない(ダメだッ!)

詰まり気味のインジェクター、キャブクリーナーに暫く漬おき、エンジンに取り付ける

年季の入ったプラグを新しいものと交換、プラグに火が入る

何度目かのトライで見事エンジンは目覚めた

エンジンはよどみなく回り続ける(思わず拍手が!)


ザウルス燃料タンク

今春一番の気温上昇となった5月10日は自分の6×回目の誕生日、

団塊の世代のはしっこで、とうに還暦は過ぎ、その昔ならご隠居様の年齢だけど、

まだまだ現役、っていうより頭の中は若い時のままだから始末に悪い(苦笑)

翌本日5月11日は嫁の誕生日(女性の年齢を問うのは野暮)

一日違いの互いの誕生日は毎年の事ながら、お互いの健康を確認してデザートケーキで合同BirthDay
IMG_4178~1

Tops&SAXONのチョコレートケーキとの出会いは、

十代後半の頃、赤坂勤務だった姉のおみやげとして戴いて以来の長~い(45年超!)お付き合いと記憶している

二十代の頃には横浜駅東口にカレーショップが開店し、よく食べに行った記憶がある


さて、SAURUSの純正(?)燃料タンクは、コーションプレートのようにWESTカーズ製造の20㍑、

アイドラーズ耐久の規定は、決勝スタート時に45㍑積載が可能、

途中のガソリン補給は、一回の20㍑までとなっている
燃料タンク IMG_4077.jpg

そこで45㍑積載が可能なように増設できれば!っとSAURSオーナーがATL安全タンク(8ガロン、30㍑)を送ってくれた

しかしSAURUSのサイドポンツーンには収まりきらないことが判明、(写真のとおり!)
DSC_0115.jpg

何度もガソリン補給するには今の注入口の位置が悪いので注入口の加工も必須だ(課題)

ザウルスブレーキ

今回ザウルス復活で優先順位の1位は、やはりブレーキ!

止まらないと怖いですからね

ローター研磨とマスターCYL,キャリパーの点検&OHはプロに任せるため、

取り外しは自らの手でとDANKAI仲間K原さんが率先分担してGW中に作業
IMG_4068.jpg

ステアリングラックから伸びるタイロッドも、上下のAアームも必要最小限の太さ、

ショックアブソーバは何かの流用品なのか?専用品なのか?しかし減衰力ダイヤル調整式

調整式ピロボールだらけの足回りは調整代が多すぎて・・・

「素人が踏み込むな!」とばかりに目に見えないハードルを感じますね。
1408.jpg

対向ポットのキャリパーはご覧のように
1409~1

ゴールデンウィーク

ここ何年も、5/5子供の日に休みが取れたことがなかったが、今年はGET、

自分は横浜生まれ、嫁は東京下町生まれ、故郷への帰省はあらたまってするほどの距離ではないので、

よせば良いのにGW渋滞覚悟で、SRでなく、嫁車FITで群馬県の高原に小旅行、
IMG_4163.jpg

関越、上信越の高速を含めてもたった片道200kmの距離を往路は6時間も、帰路は4時間も掛かかり、

少々うんざり!、しかし、エコカー1.5㍑のエンジンは渋滞に嵌りながらも16km/㍑と相変わらずお財布に優しかった!


旧軽井沢は人出が東京の原宿竹下通りか?、週末の東京スカイツリーか?と化していたので、早々に退散
IMG_4160.jpg

マイナスイオンを求めて自然の中へ、
IMG_4154.jpg

IMG_4175.jpg

何十年ぶりに横川で峠の釜飯でランチ
IMG_4176.jpg

人並みにゴールデンウィークを味わったと、自虐的な開き直り(苦笑)



ザウルスシート

現状での走行可能確認状態までを早急にしないと、アイドラーズ耐久装備も装着できない、

①ブレーキ関係のOH、②シートスライドの装着(ドライバー交代要す)③エンジン試運転

これらの作業が頭から離れず、GW最中、休日出勤の仕事を早く切り上げSAURUSの元へ、

SAURUSを前に穴が開くほど「にらめっこ!」

思わずシートの取り外しを決行している自分が怖い
DSC_0114.jpg 

何度か手が加えられた様子が一目瞭然のシート裏側、前端も切り詰められている

伸ばして太もものサポートを復活させよう!
DSC_0117.jpg DSC_0118.jpg

フレームに前端と背面が固定されシート自体の強度は確保されていたけど、

フレームから外すと、強度不足は否めず、

このままではシートスライド機構導入には耐えられず、補強とシートとレールを繋ぐフランジ追加が必要

メインフレーム上面に乗っていた状態の座面を上げずにシートレールを導入する収め方を考えた略図
シートレール収まり

SRウォーターTUBE

INマニホールドに温水を送るウォーターチューブのアルミ鋳型表面を磨いてみたら、

アルミの良質な質感が生まれた、

コネクターチューブをねじ込むねじ山を3/8のタップでさらい、エンジンルームに仮置きすると、

タペットカバーとの取り合いがい~い感じ!
IMG_4142~1 IMG_4141~1

パッキンも手元にあるので早速交換

性能的には何も意味を成さなく、単なる自己満足の世界
IMG_4148~1 IMG_4149~1

沖縄旨味&青森旨味

基本的にGWは出勤、GW後半やっと3日の休暇を!

小ドライブ旅行用にSRと嫁車FITを乗り換えに実家へ行く途中、

横浜鶴見にある沖縄物産センター隣の「おきなわ亭」でソーキそばでランチを戴く、

かつて日本経済成長華やかりし頃、沖縄の若者達は京浜工業地帯にも集団就職した、

彼らが、そこで生活の基盤を築き上げ、自然にコミニティが生まれ沖縄文化の色濃い町となったようだ、

沖縄本島、石垣島でもさんざん食べたソーキそば、ここのは現地のものに劣らない旨さを提供してGood!
IMG_4145~1 IMG_4144~1

実家でくるまを乗り換え、伸びきった庭木や雑草を整理していたら、甥っ子がバーベキュウの準備を始めた

青森を旅行中の姪っ子から送られてきた、ホタテ、あわび、などに、海老、サザエなどを加え

海鮮バーベキュウとなり、ビールを飲みたかったが、ノンアルコールキリンfreeで我慢我慢

胃も心も大満足の一日だった
IMG_4146~1
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ