スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勤め

秋の爽やかな風に誘われて一週遅れの墓参り

雑草を引き抜き、伸びた樹木の剪定、墓石を磨いてお線香といつも通りの儀式です
DSCN0175.jpg DSCN0180改

剪定している植木バサミの先に蟷螂(カマキリ)を発見

日本での俗名は『拝み虫』、なんとお墓にぴったりな俗名なんでしょうね
DSCN0177.jpg DSCN0178.jpg
スポンサーサイト

コマーシャル映像

夜道にボワ~ッと浮かび上がる丸目はDATSUN ROADSTER 2000のシルエット

明治製菓の「きのこの山、たけのこの里」のコマーシャル映像に起用されたSR(L)311

意図なんかは無くて、単にビジュアルでしょ?

早速youtubeをチェックしたらアップされていたので紹介させていただきます


SP/SRに反応しただけで、明治製菓の回し者では無いので・・・。

断念

SP311-CLUBMANがポスターに採用されたのに、

10/27JCCA筑波エンデュランス参戦は、残念ながら見送り決定!
20131027筑波

理由は身体のリハビリと、SP311の心臓リビルトを考慮してのこと

気力は萎えてないけど、無理のきかない年齢は仕方ない事(苦笑)

来年の1月鈴鹿ゴールデントロフィーに合わせて人車ともに整えよう(鬼笑)

レース当日は関東部隊として、関西から遠征のかーきちゃんさんや27番さんの応援とサポートで筑波に行くつもり

東京下町散歩

先週の三連休と今週の三連休が連続、

今週は日曜しか休みが無いので近場の散策

中央区日本橋人形町のこんなとこで「がんもどき」を衝動買い
DSCN0157.jpg DSCN0174.jpg

永代橋を渡って江東区門前仲町の富岡八幡のそばで、

出汁はしっかり利いているけど、あっさり塩梅の極細麺の支那そばでランチ
DSCN0160.jpg DSCN0158.jpg

台東区根津銀座を目指したら、根津神社の祭礼にぶち当たり、

以前駐車場探しで懲りた経験から、今回はご遠慮申し上げ、文京区駒込の六義園(リクギエン)を散策
DSCN0167.jpg DSCN0165.jpg
DSCN0164.jpg

台東区三ノ輪の都電荒川線の始発駅「三ノ輪橋」界隈をじっくり散策

この界隈には、鈴が森刑場と並ぶ小塚原刑場が明治の初期廃止されるまで有り、

受刑者との最後の別れの場として山谷の「泪橋」は悲しい歴史として有名すぎる
DSCN0168.jpg

近所にあるとなかなか訪れない処に、じっくり散策すると、新たな発見や出会いがあるもんだなぁ~と改めで関心、

F1シンガポール

マリーナベイの市街地ナイトレースと稀なスタイルでのF1レースは、ここシンガポールでしか味わえない
20130922F1-2.jpg

コースサイドの照明とビルへのライトアップ!

マリーベイサイドがお祭り騒ぎ

シンガポールフライヤー(大観覧車)の背景に以前利用したことのあるリッツカールトン・シンガポールがそびえている
20130922F1-3.jpg


ベッテル、アロンソ、ライコネンの1-2-3位の揃い踏みは私のベストショット!

決勝レース前には予想できなかった三人、

手の着けられない速さの1位のベッテルにしてみれば、

いつの間にかアロンソおじさんと酔っ払いライコネンが何で両側にいるの?

レース後のインタビューのスーツを脱いだ姿は暑さと疲労困憊感が伝わる
20130922F1.jpg

とにもかくにもめでたし!めでたし!で楽しかった

思わぬプレゼント

日本クラシックカー協会より10/27筑波エンデュランスの大判ポスターが届いた
DSCN0152~1


なんでも、車両(SP311-CLUBMAN)の写真を使った「御礼」だそうで、こっぱずかしいやら、嬉しいやら、

早速、アルミパネルに収めて見た
DSCN0155~1

屋久島の自然

世界遺産に指定された地区の西部林道を走ると、普通に計十数匹の「鹿」と「猿」のお出迎えに遭遇できる、

屋久島を表す言葉として「人2万、猿2万、鹿2万」と例えられるくらい

ちなみに実数は「ヒト」=13,500人、「猿」「鹿」ともに=4~6,000頭程度らしい
DSCN0082~1 DSCN0081~1

海亀の産卵地で有名な「永田いなか浜」はシーズンで無く、ましてや真昼間は海亀を見ることは出来ないが、美しい東シナ海と砂浜が広がる
DSCN0090~1

一ヶ月に35日!雨が降ると言われているほどの屋久島滞在中は天候にも恵まれ、

レンタカーで一気に標高1000mまでワインディングを駆け抜けたあとは、二本の足でトレッキング

宮崎アニメ「もののけ姫」を感じられる白谷雲水峡や
DSC_0155.jpg

縄文杉までの迫力は無いけど、樹齢1000年程度の屋久杉が見られる屋久杉ランドなどの自然の中に身を浸す
DSCN0119改~1

険しい山から湧き出る水は、名前の付いた幾つものの大きな滝と成り、

あちこちに渓流となってマイナスイオンを振りまいている
DSCN0135~1 千尋の滝や 

DSCN0076~1 大川の滝など

DSCN0127~1 DSCN0113改~1 DSCN0103~1
自然を胸いっぱい!旨い料理を腹一杯頂き、ご馳走様


旅の楽しみ

旅の楽しみのひとつ、「食べもの」

トランジット時間の有効利用で鹿児島の黒豚料理専門店で頂いた

黒豚とんかつ、独特の黒豚風味が口いっぱいに広がる
DSCN0055~1

またまた食べている途中に思い出して「とびうおの薩摩揚げ」
DSCN0069~1

でっかい車えびとか
DSCN0070~1

「アサヒガニ」英名Frog crabは珍味
DSCN0145~1

屋久島スタンダード?とびうお料理!
DSCN0097~1

などなどをつまみに芋焼酎三岳(屋久島醸造)を頂く、

まさか!いっぺんに食したわけではありませんので

遅いサマーバカンス

三連休を利用し、都会の喧騒を逃れ、自然を満喫に屋久島へと洒落込んだ

ところが、往路は三連休早朝の羽田の駐車場は満車、ゲートに並んでいる間に搭乗予定の飛行機は飛び立ってしまった、
DSC_0154.jpg

何とか6時間遅れで、屋久島上陸(ふぅー)

大都会の人間の営みの凄さを体感!

そして、帰路は「台風18号東京直撃」の影響で羽田へ向かう搭乗予定の飛行機は欠航、

飛行機の欠航体験は初めて

キャンセル待ち4便目に乗れその日のうちに帰宅できた(ふぅー)

大自然の猛威には太刀打ちできない人間の思いあがりを体感!

そんなドタバタな旅行だったが、きちんと非日常を味わえた

鹿児島で乗り換えた小型機から、少なくなった噴煙の桜島
DSCN0063~1

ボーディングブリッジを使わない乗り降りは空への旅の実感を味あわせてくれる

日没前には屋久島へ降り立つ
DSCN0065~1

島内での足、リゾートタクシーは利用しないでレンタカーで島中を巡る
DSCN0150~1










新しい足

嫁のお盆休みは、療養中の私に付き合わせ、どこへも出掛ける事は無かったので、

目の中の治療用ガスも抜け、飛行機に乗る許可が出たので、屋久島へ旅行計画中!
DSCN0052~1

縄文杉への登山は過酷過ぎるので、屋久杉とマイナスイオンを浴びるつもり、

多少自然の中を歩き回ると思われるので、足元にトレッキングシューズを夫婦でメーカーお揃いで新調
DSCN0051~1

おまけグッズ

ランチを求めてコンビニへ・・・。

ドリンク・リーチイン冷蔵庫の棚に並んだ中にボトルネックになにやらぶら下がっている、

目を凝らすと「おまけのミニカー」、見慣れたエンブレムマーク、

手に取るとミラノレッドのジュリア、そのままレジへ、まんまとジョージアの策略にはまった
DSC_0152.jpg

コクのブラックを片手に良く見ると、制作はラジコンで有名な「京商」、

対象モデルは1965年GIULIA Sprint GTA S=1/72と講釈が書かれている。
DSCN0048~1

気になるでしょー?27番さん28番さんたち

ビデオカメラマウント

SP311-CLUBMANの車載ビデオカメラはクランプヘッドを使っている、

メーカーはSLIKのロアーⅡという製品
BPO080107005.jpg


標準の取付パイプサイズでは細く、ちょいと加工、

ロールバーの直径にあわせて広げ、傷防止のパッドはビニールチューブを縦切開し、

瞬間接着剤で止めた仕上がりは雑だけど機能優先、
DSCN0043~1


首振りが360°出来るので殆どの場所に取り付け可能で 走行映像を撮るには必需品

SONYのDVテープビデオカメラを乗せ「オンボード」と洒落込んで使っていた

振動で緩まないようにとクランプネジを締め付ける力が次第に強くなった、

するとクランプが耐え切れなく変形、穴も変形して固定できなくなった

クランプ固定の基本のネジ穴は片方開放型なので、締め付け過ぎると耐えられなくなる、

そこで、ネジ穴は密閉型を新たに開けてしまい原形が留めないほど加工
DSCN0041~1

SONY DVテープカメラの重量は660gで負担が掛かるのと、

テープ回転機構の必要ないSDメモリーのSANYOの軽量ビデオカメラXacti(240g)に変えた、

クランプのメーカー注意によると、搭載機材のスタティックの最大重量は3kgまでで、

「サーキット走行では1kg以下にして下さい」との注意があった記憶、
DSCN0047~1


7月の12時間耐久のザウルスにマウントし、カメラを着けずにいたら、

カメラ固定ネジ (1/4ネジ)は、ザウルスの振動で外れ、茂木のコースサイドへ消えていった

幸いクランプのメーカーから部品が調達できたので買い換えの出費は免れた(ホッ)
DSCN0044~1










外溝小工事

実家の外溝改良工事(勝手口&奥棟のアプローチ階段)が始まった、

昭和40年頃の旧い造作で、しっかり作ってある処と、いい加減な処が混在するのは、

旧い車も同じだな!と妙に感心したりして・・・、
DSCN0032~1
知り合いの建築会社社長自ら作業して戴き、恐縮

旧い階段をハツルと朽ち掛けた排水枡が顔を出し、これはSR仲間の水道工事人担当
DSCN0034~1

実家の収納からNikon-Fを引っ張り出し、デジタルニコン(P330)でフィルムニコン(F)を写す構図?

フォトミックで無いシンプルさが、デザイン的に好きで、若い頃背伸びして買った記憶が蘇る
DSCN0030~1

バトンタッチ

ブログ・スナップ写真で大活躍のコンパクトデジタルカメラを(なんとなく)入れ替え、

ヨドバシカメラの陳列棚には、多すぎる商品群でどれを選んで良いか迷う!

今使っているCANONの画角24mm(35mm換算)は譲れない

なるべくフラッシュ撮影を避けたいので、暗いところに強い

そして、なるべくシンプルでかばんに入れ易いもの

この三つの条件だけで眺め、久しぶりにNIKONを選択、

NIKONは35mmフィルム時代の一眼レフのニコンFアイレベル(SP/SR311と同世代)以来だ、

そういえば、世の中が銀塩フィルムからデジタルになって以来、コンパクトカメラしか手にしていない、無精者(笑)

それも全て嫁用のものを拝借している、(自分用のデジタルカメラは初めてのような気がする)
IMG_4513.jpg IMG_4515.jpg

IMG_4514.jpg

NIKON P330の初ショットはこれまで借用していた嫁カメラCANON IXY(まだまだ使えます)
DSCN0020.jpg

三周年雑感

SP311-CLUBMANの印象的な白いダッシュを払拭するためと、80mmのタコメーターを正面に配置するため

FRP製のダッシュをDIYするところからスタートしたヒストリックカー・レース活動もやっと五年経過、
DSC00954.jpg

SANY0031.jpg メーター穴位置が微妙に違うFRP製手製のダッシュ

2010年9月にブログデビューして以来、ちょうど三年が経過した、
SPSRツーショット SPとSR姉妹

このブログを通じて様々な出会いに感謝

全開で突っ走っていた自分に「PIT-IN」を諭すかの様な今夏の試練

療養中は気持ちも凹み、ブログの筆不精

網膜剥離の原因は「加齢」・・・

肉体の老朽化を認めざるを得ない出来事は、かなり心にヒビキ、考えさせられることが多かった

これからは、足元の一歩一歩を踏みしめながら愉しんでいこう、



S=1/64

避残暑でK谷Lタウン、ショッピングモールをぶらり

ウィンドウショッピングしていたらSP311ミニカーを発見した嫁は突然レジで会計、「はい!プレゼント」と手渡された、

誕生日でもなく、記念日は思い当たらない?

「なんとなく小さくて可愛かったから」っと
DSCN0018.jpg

DSCN0015.jpg DSCN0017.jpg

DSCN0019.jpg

1/64と小さいながらディテールはしっかりしてる
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。