スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B級工具

少し、やってしまった『ホームセンターの衝動買い』

クリップマグネット付き、LEDペン型ワークライト、

LED1個のピンスポットと、LED7個のフラットスポットの灯け分けは、プッシュスイッチを半押しで切り替えられる、

クリップは180度回転して照射位置を変えられ、しかもマグネットで鉄板に付けられ、B級ライトとしては使えそう
DSCN1190~1 DSCN1189~1

DSCN1187~1

1/4の首振りラチェットは工具らしくない有機的な形に思わず手にしてしまった
DSCN1192~1

他の目的(庭の除草剤)を買う目的でいったホームセンター、店の思惑にキッチリはまってしまった(笑)
スポンサーサイト

ザウルス(中古)ミッション到着

5月の第三週の週末は、毎年浅草三社祭りまみれで、ブログタイトルから大きく離れてしまう、

数年前の祭りの最中に、アメリカから来日したSP/SRオーナーと会見した時も祭り装束で驚かれたことを思い出した

さて、昨年のザウルス12時間耐久終盤のトラブル、「1速ギヤが入らない、4速が入り難い」からおよそ一年、

OHの部品供給のあてがなく、ミッションを下手に開けてしまうとザウルスが走れなくなるので、

スペア・ミッションを探し廻り、ついに探し当てた、

関西方面で車体を手に入れた方が、フレームサスペンションのみ使う方が、ミッションを放出

メーンシャフトやギヤも数枚おまけが同封されていた
DSCN1165~1 DSCN1167~1

新旧の比較(左今回入手品、右これまでのもの)
DSCN1169~1

見た限りでは使えそう(装着)だけど、中身は走ってみないとなんとも・・・。

レースに挑む姿勢としては乱暴でリスキーだけど、この方法が我々の背丈で精一杯。

このミッションに「DANKAIの希望と妄想」を託し、2014年アイドラーズ12時間耐久を目指す。

体制は昨年参加者をベースに今年の体制を組む予定、

昨年のドライバーの面々は、スケジューリング(決勝7月27日)など準備調整をお願~い。っと業務放送(笑)

2014浅草三社祭<宮出し>

日曜の朝、眠い目を擦りながら、本社神輿の宮出しに一般担ぎ手として境内に到着

すでに、三基の内、二基は三社様の鳥居をくぐり、浅草寺境内でもまれていた、

担ぎ手の勢いに巻き込まれないよう、神輿の脇をすり抜け、観音堂階段に陣取り、宮出しを撮影


宮出しの次は本社神輿(今年は二之宮)を雷門前で待ち受け、伝法院通りまでを町内渡御

早朝にも係わらず、ギャラーリーも集まり、雷門前は盛り上がりをみせた

2014浅草三社祭<町内神輿連合渡御>

土曜日は、浅草氏子44ヶ町の町内神輿が観音裏に集合し、

全ての神輿が浅草神社のお祓いを受ける見ごたえある町内神輿連合渡御が行われ、
SANY0008.jpg

日曜はメーンイベントの朝一番お宮出し、6時から駆けつけ境内から宮出しを見守る
SANY0024改

観光ギャラリーの集まる前午前8時、雷門前では、仲見世を担がれて来る宮神輿を待ち受ける面々
SANY0026改

今年の宮神輿は二之宮
SANY0030.jpg

宮神輿が終われば、町内神輿
SANY0035.jpg

雷門通りは交通が遮断され、この日はお祭り広場と化し、各町内の神輿が集う
SANY0041~1

浅草の路地から見上げれば、結構な確率で東京スカイツリーが眼に入り、まるで見守られているよう
SANY0036.jpg


2014浅草三社祭<宵宮>

いよいよ始まった、浅草三社祭、日曜の宮入りまで、祭り一色になる

御神霊入れが行われた町内神輿を表六ヶ町合同で、日の暮れた浅草神社に勢揃い

神輿に提灯の明かりを灯す金曜の宵宮の雰囲気は好きだなぁ~。
DSCN1156.jpg


カメラマウント評価

GWの山菜ツーリング時に試した、ビデオカメラマウントの評価は、

静止画=△::カメラの向きが一定、

しかしカメラを支えなくて良く、運転中でも指先一本でズームからシャッターまでOK

動画=△::操作性OKだけど、微振動を消さないと見辛い動画になってしまった

こんな感じ

Youtubeで補正が出来るのですが、ピントが甘くなってしまいますのので、基から改善

マウントアームと三角窓ガラスとの間に、

建築用の隙間バックアップに使う硬質スポンジを挟むことで、微振動を消せたが、

道路の継ぎ目ショックはどうしようも無い、


今日5月16(金)、いよいよ三社祭の始まりだ!

仕事終わりの夕方、祭り装束に着替え、浅草に駆けつけ、表六ヶ町の宵宮を楽しむ予定、

ノブ破損

GWツーリングの最後、ガレージに仕舞おうとしたら、アクセルを踏む右足太ももに何かが落ちで来た、

接写、大写しのノブはSR311後期型、エアー取入バルブの調整レバーのノブだ、

プラスティックの部品は経年と共に強度(粘り)が弱くなり、この様な有様も珍しくない
DSCN1126~1

なぜか中古の予備を持っているので、交換するけど、生産後の時間の経過は同じような物なので、

いずれ同じ目にあうのは覚悟の上、よって、壊れた物も捨てられずにいる

ノブ固定ネジを良く見ると、左右で異なる、マイナスが切ってあるのが日産純正イモネジ

ヘキザゴン(六角)のイモネジはホームセンターでの購入品
DSCN1127~1 DSCN1128~1

こんな細かな作業には、こんな精密ドライバーセットのような道具が役に立つ(あれば便利レベル)

九十九里の和竿仙人からの憂さ晴らし(?)の『ホームセンターB級工具攻め』も、たまには使える(苦笑)
DSCN0924.jpg DSCN0925.jpg

フジ→富士?→藤

機能の日曜日、

評判の大藤を鑑賞に、東北道を佐野藤岡ICまでひとっ走り、「あしかがフラワーパーク」へ

満開には少し早かった感はありますが、ジジ、ババ&インバウンド客で賑わいを見せていた
DSCN1138~1 DSCN1132~1

藤の花も紫、白、黄色と
DSCN1135~1 DSCN1131~1

DSCN1130~1


藤以外の花も競って咲き誇っているようだった
DSCN1136~1

デファレンシャル・ギア

昨日5/10は自身の、ん回目の誕生日、今日5/11は嫁の、ん回目の誕生日、

一日違いの誕生日を一緒に祝うのが我が家のしきたり

バースデー・ディナーを頂きました
DSC_0299.jpg 10342918_1565831136976721_8083312868511148502_n.jpg

NISSANから誕生日プレゼントが届いた(というのはコジ付け)

前回富士ジャンボリーの前に発覚し、対応したトラブル、当時の記事はコチラから⇒デフトラブル発覚

が3月の初旬、日産部品に問い合わせると、製廃でなく、オーダーがあれば作ると言っていたので、

(疑念を抱きながらも)オーダーしてあった、

オーダーしてから1ヵ月半が過ぎ、約束どおりに「入庫した」との連絡で早速購入、
DSCN1015~1

刻印されたギヤ比を読み取ると37:8、紛れも無く4.625
DSCN1016~1 DSCN1017~1

1971年日本初の(血迷った!仕様の)4ドアハードトップを作り出した230セドリックの部品が、

40年以上も経てたった一つだけのオーダーで再生産された、

オーナーとしては有り難い話だけど、日産の体制って?と穿ってしまう、

このギヤ比は乗用車用の設定ではなく、バン(産業用貨物)の設定だろうと推察する、

産業用貨物=ユーザーは行政か運輸関係の法人、つまり「法人客は神様です」って飛躍した思考が頭を過ぎった

ともあれ、三月に4.375を組み込んだデフに7月のレースまでに4.625を組み替えなくてはならない(フゥーッ)

鉄のキャリアーも有るので、LSDを調達できれば、もう1セット作ろうか!なんて身の程知らずな妄想も浮かんでくる、





GW-その2

GWの最終日、三浦半島の松輪漁港へランチを求めひと走り、
DSCN1106~1

松輪は「さば」で有名だが時期外れでも魚は旨い、

キンメのお刺身とブリの煮つけを頂いた 
DSCN1110~1 DSCN1108~1

午前中通過したベイブリッジより横浜大桟橋に巨大な船体が見えたので、帰り足で寄って確認

11万t超のダイヤモンド・プリンセスが左岸に、2.5万tパシフィック・ビーナスが右岸に

P.ビーナスも客船として立派なたたずまいだけど、大きさではD.プリンセスでは相手が悪い

桟橋の傍で見るとまるでマンションかホテルかと見間違う程の存在感で笑いが出るだけ
DSCN1115~1 DSCN1113~1

ちなみに以前の飛鳥Ⅱの時の記事ははコチラから⇒(大桟橋)飛鳥Ⅱ、松輪と巨大客船は縁が有るのかなぁ~

両船の出航(D.プリンセス=18:00、P.ビーナス=17:00)まで時間が有ったので中華街で早めの夕食

自分が通っていた高校は、新設当時この開帝閣から1分の高校に間借をしていた縁の深いところ



ベイブリッジをくぐる両船を真近で見ようと、大黒ふ頭へ渡り、ベイブリッジの下で待ちうけ、航海に出航する両船を見送った
DSCN1116~1 DSCN1120~1

コチラはP.ビーナス号(よく観て船影を探してください)
DSCN1124~1

新潟石打へ往復400km強と、三浦半島日帰り往復200kmと合わせて600kmの行程お疲れ様、

(嫁曰く)布団をかぶって、実家のガレージでしばしの休息を与えた

GW-その1

GWの終盤にやっと取れた三連休、

日頃、ガレージにしまいっ放しのSR311にオゾンいっぱいの高原の空気を吸わせて上げた、

連れは帰国子女SRL311、
DSCN1018.jpg DSCN1022.jpg


首都高~関越、三国トンネルを抜け石打へ

泊まりはこちら⇒オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ
DSCN1028.jpg

冬季はスキー場が、この時期は山菜の宝庫で山菜採り初体験
DSCN1071.jpg

「こごみ」や「つくし」
DSCN1067.jpg DSCN1068.jpg

あけびの「木の芽(新芽)」や「たらの芽」
DSCN1069.jpg DSCN1073.jpg

採ったその場、スキーリフトの庇を借り、採りたての天婦羅は思い切り春を感じた
DSCN1075.jpg

都市景観大賞を受賞した塩沢宿・牧之通りを軽く散策
DSCN1062.jpg

GWが終わる一日前の午前中に渋滞を避け、関越道を一路東京へ(旧車には大正解!)
DSCN1102改


DM

今日こどもの日、予定では、上越地方で山菜採りをしている筈、

書き留めた記事を、「予約アップロード」を使ってUP


以前に資料請求で問い合わせた建築会社から届いたガレージハウスのDM(メール便)の表紙は、なんと赤いSR311

Fスモールランプの形状から45年式と呼ばれている#5000以降の最後期タイプと推察

自分の個人情報でSP/SR所有を明かしていない筈、心の中を見透かされたみたいだ
DSCN0993.jpg

「ガレージハウス」、拙宅がマンション(共同住宅)の自分には夢ですね、

日々の生活ではマンションの利便性は重要だけど、

生活の安らぎには「ビルトインガレージ」ではなく、

「リビングに車が居る」のでも無く、

「平屋建てでガレージにリビングの機能と居住性を持たせた空間」が自分は欲しいなぁ~(欲張り)

と妄想でPLANをエスキースする世界へ・・・。

敷地は勿論横浜の実家??

充電器考察

今日、祝日は勤勉(?)な自分は出勤予定、(11連休という豪華な方も居るのに・・)

夕方帰宅後、SR311で山菜摘みドライブ、上越地方を目指す予定、

その携行品の話題をひとつ

カメラ、ビデオ、スマホ、タブレット、ノートPC・・・

皆さんは普段、外出のときに、モバイルツールは何を携行しますか?

自分は日々はスマホ+予備バッテリーとたまにカメラを携行

旅行、イベントやセレモニーの時はコンパクトカメラとビデオカメラが加わり、たまにノートPC

各電源が乾電池ならば電池が切れれば、コンビニ等で調達できたが、

リチゥーム充電池はそうもいかないので、先日のハワイ旅行の時も全ての充電器を携行した、

各々の充電器をセットし並べるとご覧のように
DSC_0187~1

ごちゃごちゃしているこれらの充電器にある共通点に気が付く、

充電器は全て入力AC100V~240V、出力DC5Vで、0.5A、1A、2Aとビデオカメラの容量が大きい

これはひとつのUSB充電器で全てを網羅でき、旅行には充電器ひとつと三種のケーブルで済んでしまうのでは?

ケーブル三種を書き出してみると

○ USB⇒ミニUSB(ARROWS-X、F-10Dに付属)&充電バッテリー用
○ USB⇒マイクロUSB(ニコンP330に付属)
○ ACアダプター直接⇒入力2.1mmのDCプラグ(SANYO DMX-HD2の頃にはUSB接続電源が無かった)

USB充電器はDC5V~5.5V、0.5A~4Aまで有り直ぐに見つかった、

ところがUSB⇒DCプラグの変換ケーブルは大型量販店は売れ筋しか置いていないので

秋葉原のラジオデパートなどパーツSHOPやマニアックな店を片っ端から覗くと、

有りました!、ゲーム機専門店にPSP用のUSB⇒2.1mmDCピンプラグのコードが

しかもカールコード仕様(即ゲット!)
DSCN0926.jpg

早速試すとキチンと充電できる(良しッ!)

充電池は定格容量を守らないで急速充電状態を繰り返すと、バッテリーにヨロシクナイのでは?

自己責任で旅行時のみ一時的な充電器として、普段はメーカー専用充電器で充電していれば問題ないと勝手に判断

これからは写真のような状況で携行すればよい
DSC_0188~1

USB充電が蔓延してもうひとつ解決されたことがある

これまで使われなかったSR311のシガーライターが写真の様にUSB電源として復活

しかも、二口でパセンジャーシートの嫁さんのも同時に充電できる

出っ張りも10mmも無く、まるで純正標準みたい(言いすぎっ)
DSCN1011~1 DSCN1014~1

そして、ビデオカメラ等もシガーライター用専用充電器が無くても、充電できてしまう

スマホの待ち受け画面がバレてしまった(笑)





カメラマウント

サーキット用車載カメラマウントは、SP311-CLUBMANのロールバーにガッチリ取り付いている
BPO080107005.jpg

街乗りのSRには車載カメラマウントは着いていないけど、

走行中、稀に写真やビデオを撮りたくなる風景と出会う事がありますね、

しかし片手ハンドルは危険ですから、ステアリング傍にカメラがあれば・・・、なんて遊び心

SR311シガーライターソケット用のスマホのUSB充電器を求めたヨドバシの棚に並んでいた

スマホ・ホルダーに目を留めた

汎用品でスマホ本体をばねの力だけで挟むタイプ、ダッシュ装着は吸盤タイプ、

遊ぶには負担にならない金額なので、即購入、
DSCN0996.jpg

取説注意書きを読むと、本体荷重200gまで、サンヨーXacti(今はパナソニックが吸収した)を測ると220g、

重量的には何とかいけそうだけど、SRの足回りでは挟む形状が悪く安定しないので、

カメラ下部のマウントネジを利用、

ネジを取り付けるアクリル4mm厚を瞬間接着剤で追加し整形、

ネジはEリングで抜け落ちないように加工、
DSCN0997.jpg

カメラをマウントするとGOOD(手前味噌(笑))

ONダッシュも大丈夫そう、(SRには奥行きが狭くて無理)、サイドウィンドウマウントもOK
DSCN0998.jpg DSCN0999.jpg

SRの実車装着はごらんのよう、開け閉め出来ない三角窓にペタリ!
DSCN1003~1

それではテスト走行結果は、

カメラのシャッター(動画、静止画とも)は指先でOK、都内の荒れた路面の振動は厳しく拾うが、

それはデジタル機器、静止画は手振れ防止をsetとスポーツシーンプログラムでごまかせるが

動画の微振動は解消しないと(路面の綺麗な高速やワインディングでは多分OK)

サーキット走行車載動画は厳しいでしょう


このGW後半の山菜採りドライブに使えるかな?実践デビュー予定

現在、巷には「アクションビデオカメラ」とのジャンルで、各社から販売され、

価格もリーズナブルで、マウントアクセサリーも豊富に揃っているので、

何も苦労して7年も前のデジタルビデオカメラを!のご意見も有りますが、

小遣いが貯まると、有り難い事にSP311-CLUBMAN君が遠慮なく消費してくれるので・・・。

あとアクションカメラはワイドレンズ標準で画角が広く、車のスピードのリアリティが損なわれる様な気がして・・・。

と買えない「負・け・惜・し・み」(苦笑)
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。