嬉しいプレゼント

先日のお台場JCCAニューイヤーミーティングは業者以外のアマチュアの参加&出展車(者)が若干減った感があった、

空間に余裕が出来たようで、ゆったり観れるかなと思いきや

各ブースは決められた枠内に少しでも多くの車や部品を並べようとする姿は、

上野のアメ横か?写真で見た戦後の新橋のガード下の闇市の様だとは言い過ぎかな?

モントレーぺブルビーチのコンクールデレガンス並みとまでは言わないけど、

せっかく余裕のある空間が有りながら、ピッチリ横並びにするのは、

いかにも日本的なのか、せっかくの素敵な自慢の愛車の全貌が観る事ができないのは残念

展示車両の並べ方、クラブスタンドの車両の並べ方をチョット工夫したら参加者も観覧者もゆとりが感じられるのにね!

会場をぶらぶら散策していると、久しぶりの方から声を掛けられる事が多かった、

同じように先週の鈴鹿ゴールデントロフィでもPITで声を掛けられ、紙袋の中から「昨年の写真です」と

木製額に装丁された写真が突然手渡され、嬉しい嬉しいプレゼントを頂いた

早速、自宅居間の壁に飾りつけた、
DSCN1967.jpg
スポンサーサイト

JCCAニューイヤーミーティングお台場2015

クラシックカーイベントの幕開け、その-2

Team DANKAIとしては先週の鈴鹿が今年のチームイベントの幕開けを無事終了

開催地を昨年の雨の富士からお台場に戻し、晴天の会場を訪れた
JCCA.jpg

DSCN1971~1

先週の鈴鹿ではコースサイドに陣取りカメラを構えサポートしてくれたTEAMメイトのT田さんが、

自身のメッサーを展示参加しているので、表敬訪問と激励、温かな陽だまりの中しばし歓談
JCCAニューイヤー-2

会場の隣の駐車場ではフェアレディZGとBMWミニの隣り合わせ記念のショット
DSCN1968-2.jpg

新春鈴鹿ゴールデントロフィ2015ダイジェスト

日本のレースのメッカ鈴鹿サーキットで開かれる鈴鹿ゴールデントロフィーに挑むSP311-CLUBMANは

今回で5回目の遠征となった

結果は既報の通りなので、遠征のダイジェスト

土曜の午前中はSMSCスポーツ走行枠でSP311の調子をK田さんが、
DSCN1887.jpg

いよいよY口さんが初のSP311-CLUBMANドライブをハーフウェットの路面で鈴鹿の初走行にチャレンジ

皆で送り出す
DSCN1933.jpg

土曜の練習を終え翌日の決勝の準備を終えた各エントラント、

TSサニーのD5-57さん、同じくTSサニーのかーきちゃんさん、SR311のMさん、アルファ27番さん、

とDANKAI SP311の我々の面々で、練習後、宿の近所で恒例の『5チーム合同新年会&明日は頑張ろう会』開催

車三昧の話題をビールで流し込み、絶好調でベットに潜り込む
DSCN1943.jpg

決勝の朝を「迎え、前日土曜の晩に舞っていた雪は見当たらず、

第一コーナー方面から上がろうとしている朝日が天気の良さを予感させた

しかし、予選が始まってもコースの路面を濡らしていた
DSCN1950.jpg

DSCN1951.jpg

スプリント各クラス予選決勝とスケジュールは進み、
DSCN1954.jpg

DSCN1953.jpg

F・TSクラスに挑んだDANKAI仲間のH水さんが、TS-2クラスとハンディのあるマシンで、TS-1のマシンを追廻し、

Fクラスの2台につづき総合3位と金字塔を挙げた事が最大のNEWS!

この表情良いですね!
H水3位

DSCN1925.jpg



新春鈴鹿ゴールデントロフィ2015

DSCN1963.jpg

今年のレースの幕開け、新春鈴鹿ゴールデントロフィ50分耐久遠征が終わった

今回の体制はDANKAI仲間のY口さんの公認レースデビューをサポートするかたちで、

NISSANマーチカップ2連続シリーズチャンピョンのK田さんとオーナーの自分の布陣で挑んだ

土曜日はハーフウェットの状況下、丸一日練習に費やした、

このゴールデントロフィに限らず、最近のヒストリックカーレースのエントラントの数が少々寂しい、

走行会では数が集まるけど、やはり公認レースは敷居が高いのか?

土曜の夜に降った雪のせいで、日曜午前中の予選もウェット、

そんな悪条件で本領発揮するのが、K田さん

暴れるSP311をねじ伏せ、見事4番目のタイムをたたき出した
DSCN1959.jpg

午後2時過ぎの決勝時の路面は完全ドライ、

K田さんが汗して用意してくれたGOODポジションもスタートミスで1コーナーまでに失ってしまった(凹)、

今回は周りの状況が良く見え、当然前後の車、マーシャル、PITサイン、電工掲示情報、9周目Pit-INの合図で、

レースDebutのY口さんにバトンタッチ、

最終走者K田選手が鬼の追い上げを敢行、総合7番目で無事完走、レース余韻に浸りながら片付けていたところに、

京都の御大より「自分ら!クラス3位に入賞しとるで~」「えーっ?」

公式リザルトでしっかり3位となっている
リザルト

チェッカードフラッグは7番目だったが、1位でゴールした240Zが章典外のため、

公式結果としては総合6位、クラス3位となり、ひょうたんからコマのSP311-CLUBMANのレース暦初の入賞と成った

昨年暮れから年末年始に掛けての自分達でのエンジン脱着からはじまり、

部品調達をしてくれた京都の御大、遠征に一肌脱いでくれたF戸さん、素晴らしいドライビングで援護してくれたK田さん、

写真班として東京より駆けつけ、寒いコースサイドでファインダーを覗き続けてくれたT田さん、

素晴らしい仲間達のおかげで、Y口さんの初レースを無事終えて100%だったのか、

SP311-CLUBMANの初入賞まで取らせて頂け120%以上の結果をもたらせていただけ「みんなありがとう」

鈴鹿仕様へ変更、そして鈴鹿へ

昨年のGTから導入された、「Fウィンドウスクリーンの無い車両は、フロントケージを追加しなくてはいけない」

との安全上からの新しいサーキットルール

回避策として、Fウィンドウを再装着しHTを装着、そうすると必然的にサイドウィンドウは必着、

ドライバー側は窓を閉めるのが何処のサーキットでも指導されること、OPENなら窓は無くても良いと少々矛盾?

いずれにしてもオーガナイザーの指導には従いましょう

と、今年もHT+Fウィンドウ+サイドウィンドウとフルセットで再装着(=40数kgの重量増)

まずは、アクリルスクリーンを外し、ミニSP型ミラーを純正に交換しないとウィンドウスクリーンが当たってしまう
DSCN1863~1

DSCN1864~1

と手馴れた作業でご覧のような姿
DSCN1865~1

DSCN1875~1

HT装着201501~1

DSCN1882~1

そうこうしている準備をしていたら、参加受理証が届いた
DSCN1876~1

このブログがアップされる土曜日は鈴鹿の参加者への特別枠スポーツ走行で前日練習のために、乗り込んでいる筈

新春鈴鹿ゴールデントロフィーはいくつかの素晴らしい計らいがある、

一つ目がピットでの車検、

筑波や富士のように車検場に車両を押していかなくて良いのは脆弱な参加体制の参加者には助かる、

そしてふたつ目は、参加者特別前日走行枠(30分×2本)

サーキットライセンスを所有していなくても、レースエントリー者には前日練習用に特別枠が用意されている



ラジエタ・エアガイド

大型化したOILクーラーをラジエタの直前に移動したために一時取り外していたエアーガイドを再装着

しかし、OILホースが邪魔で右側ガイドは形状を変更させ、左側と上側を装着で機能は80%程度は回復出来たのではないか?、
DSCN1856~1

DSCN1857~1

DSCN1858~1

DSCN1862~1

エンジン始動直後走行時のオーバークールを防ぐラジエターシャッタも再度使えるようになった、
DSCN1860~1

DSCN1861~1

鈴鹿チャレンジはドライレース、雪でレースキャンセル、雪中ウェットレースと

(愉しくなるくらい)様々なシュチエーションを体験できたが、いずれも1月の寒さとの戦い(笑)

改良版P-LAPの取り付けステーも機能している
DSCN1849~1

シートベルト&消火器更新

安全装備の昨年一杯の「賞味期限切れ?」でそれぞれ更新(交換)

まずは、シートベルト!

SIMPSONの太くバンカラな雰囲気はSPにマッチし気に入っていたが、ドライバー交代のバックルの扱いにくさから、

ターンバックルタイプに変更、更にこれから導入規制が入るであろうHANS対応型でOMP製をチョイス

ちょうど年度が切り替わる時期だと2014年製しかなく、次期は2019年までが賞味期限、

DSCN1867~1

DSCN1868~1

DSCN1874~1

消火器はディスカウント品を求めたら賞味期限が1年ほど短かったが、購入経費は2年分ほどチープだった

新しいFIAルールでは固定バンドは2本必要になったらしい
DSCN1869~1

DSCN1873~1
安全装備の更新は厳しいが、いざと言う時に機能しなくては意味無いので、仕方ありません。

エンジン再始動

エンジンの再搭載後の火入れの儀式は緊張するものだ

電磁ポンプでガソリンを送り、フロート室を一杯にする、

スロットルペダルを2~3回踏みつけWERBERの加速ポンプを働かせ、生ガスをシリンダーに送り込む

セルモータを廻すと爆発が…「ない」「ない?」「ない(汗)」

プラグに火が飛んでいない、IGコイルの配線が繫がっていないのが発覚

急ぎ繋ぎセルモータを廻すが「火が飛ばない」
DSCN1853~1

「管フューズが切れた」配線ミスで「逆に結線」してしまった

すぐに「組み替え」、セルモータを廻す、ブルっと咳き込みながら「エンジンは見事に蘇った」

交換してレリーズフォークの高さが変わった為にレリーズシリンダを調整する




エンジン搭載

クラッチを組上げたエンジンを車載する、

WEBERとタコ足が付いたままチャレンジするが、ついに挫折

キャブ&タコ足を外し、やっとこさ、搭載完了、

ミッションとのドッキングを済ませ、外した補記類をひたすら取りつけ、何とか完成
DSCN1815~1

DSCN1816~1

DSCN1817~1

DSCN1846~1

DSCN1851~1

初出勤

2015年の仕事始め、早起きして「出勤前のスカイツリー」へ

5日からの仕事始めが多いのだろう、見物客は少なく、

8時発売開始のチケット売り場では5分程度待たされただけで、すぐに350mの展望台へ、
DSCN1841~1
コーヒーショップでお茶をしながら、何とか富士山も見ることが出来た!
DSCN1820~1

DSCN1821~1

ゆ~っくり、じ~っくり、空からの散歩のあとは、毎年恒例の三社様(浅草神社)へ初詣を済ませることが出来た
DSCN1843~1

初作業

新たな年を迎え三が日も追え、正月休みも今日(4日)まで、

少々贅沢食のせいか?おなか廻りがキツク感じ、1/18鈴鹿のハンディ?(笑)

年末に判明したクラッチディスク破損のトラブルに、昨年中に部品の手配を開始、

今や使われなくなった直径200mmの部品は市場に少なく、年末なので休業しているところも多く部品探しは困窮

困ったときの京都の御大に相談、NISMOのクラッチカバー(新品)とディスク(中古)を分けてもらった
IMG_0208~1

レリーズベアリングは営業していたK有エンジンワークスで購入、仲間のT坂さんに圧入交換を依頼できた

品番はL型で使われているものなので普通に流通している
DSCN1811~1

DSCN1812~1

2014年の作業進捗はここまで!

新年2015年1月3日、年をまたいだ作業の続きを開始、

クラッチセンターツールをセットし、ディスクを、そしてカバーをセットし、

クランクの廻り止を施し、ボルトでしっかり固定
DSCN1805~1

DSCN1806~1

DSCN1808~1

新年

あけましてオメデトウございます!いつもDANKAIブログをご覧いただきましてありがとうございます
年賀カード-3

今年もSP311共々老体に鞭打ちつつ、一戦一戦づつ参戦していきます。

本年も変わらないお付き合いの程宜しくお願い申し上げます

2015年 元旦  ==快走==
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ