スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッチトラブル

SP311のレース前、油脂類のメンテをお願いしているメカさんより、「クラッチが切れが悪いが調整代が無いよ」と連絡!

原因は、クラッチペダルとマスターシリンダーとのクレビスPINの摩耗と判明(下図、青ペンのところ)
ペダルクレビスPIN

ピンの新旧
DSCN3341改
対策(修理)はマスターのロッドを交換、クレビスPINの交換、広がったペダル穴を一旦埋め開け直す、

旧い車に在りがちな症状が顕著に表れた、ロッドは新品在庫があり、クレビスピンはリメイク品があるのでOK

IMG_1063.jpg


JCCA富士ジャンボリーの参加受理票は未だが、タイムスケジュールが発表された、
2016FSW.jpg

SP311-CLUBMANが出場するS65クラスは、予選は8:25~、決勝は12:15~の予定だ
2016FSWスケジュール

日本固有のガラフォ(ガラパゴスフォーミュラカー)のFL500が富士を走る、

FSWの長いストレート用のデフのギヤ比があるのだろうか?と余計な心配を

スポンサーサイト

レース前メンテ

JCCA富士ジャンボリーまであと二週間

レース前のメンテで仲間のガレージに搬入、油脂類の交換補充メンテをお願いした
201603251.jpg

201603252.jpg
今回の富士はHT仕様でチャレンジ、特に理由は無く、気分(雰囲気)を変えてみたくなった

201603253.jpg
ガレージオーナーの(美車)SRと揃い踏み?

レース前準備

4/10JCCA富士ジャンボリーを3週後に控え、

レース前いつものルーティング作業の一つ、スパークプラグの清掃

エンジンコンディショナーに浸からせ、浮いたカーボンをブレーキクリーナーで吹き飛ばし、電極の油脂分も飛ばす、

ヘッドのねじ部にカッパーグリースを塗り込み終了、
DSCN3322~1

コールドスタートの暖気用#6もきれいにする、

レース用は新旧スペアも含め、3セット、硬質スポンジホルダーも1個追加した
DSCN3323~1

27レビン

先々週、京の都まで搬送をお付き合いした積載車の荷台には「27レビン」を背負っていた
IMG_0990.jpg

IMG_0991.jpg
個体はレストアの手が入っていないだけでなく、シート、ミラー、ステアリング、エンブレムなど純正部品の欠品もなく、

センターキャップまで付いた純正の鉄ホィールからチョコっと覗いているリアブレーキのTRDオプションのアルフィンドラムや、

写真はないが、エンジンOILパンもアルミでTRDの刻印が誇らしげにはっきり確認でき、

当時のスポーツオプションを組み込んだオーナーの姿勢が見えそうだ、

純正のエアクリーナーを羽織り、普通にアイドリングするエンジンの中身は少々いじっているようだが、

外装は純正のままを保っている姿は、非常にめずらしい存在で、「良いものを見せてもらった!」
IMG_0992.jpg

311

3月11日、忘れなれない日がやってきた

5年前の東日本震災から(自信が44年間も付き合った)SR311にかこつけた日だ!

なんて呑気なことはことは言ってられなくなってしまった。

地震や津波被害からの復興は日本列島で生活する以上仕方ないものの、放射能汚染からの復興は「要りません!」ね
SR311改

IMG_1038.jpg
311の数字が並ぶコーションプレートも寂しそう


原発(放射能)への対応が未消化のまま見切り発車し、

一旦トラブルが発生すれば、その場所だけでなく、広範囲に長い時間汚染されるということを体験してしまった、

経済発展という言葉のかげで見捨てられた安心して生活できる日本を見た、

富士ジャンボリー申込

いつもは締め切り前日の投函が、今回は余裕をもって本日(といっても2日しか変わらないが)エントリー完了
IMG_1032.jpg

4/10フジジャンボリー、今年のS65クラスは何台集まるのだろう?

年々減少の気がして一抹の不安(笑)

前回のブログはY口さんの、『ファンネルネット』加工作業の紹介

その確認を写真に収めるとご覧の様子、「空気流入量が変化するのでは?」のご指摘には、

走った体感で処理することとしょう
IMG_1016.jpg

今春のJCCA富士ジャンボリーがおよそ一ヶ月後に迫り、そろそろ準備もしなくては、

今回の富士はHT装着仕様で挑むことに決定!

理由は特になく、サイドのアクリルFIXウィンドウも麺足したことだから、

デビュー時以来の富士のHT仕様を試してみようかなぁ…程度のもんです

それに際して、取り付け強化を図った、

これまでのタッピングビスで何の不安もなかったが、

取り付け⇔取り外しを繰り返すと、最後の一締めに気を使わなくてはいけなくなるので、

した穴を7.1mmに広げ、ナッターを埋め込み、最後の写真の様に5mmボルトでガッチリ固定
IMG_1012.jpg

IMG_1013.jpg

IMG_1011.jpg

SP311の保管ガレージでの暗がり作業で写真が不鮮明だった
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。