スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OFFメンテ(燃料計?)

来年1月、新春の鈴鹿ゴールデントロフィーまでの僅かなオフに気付いたプチメンテを施す

ATL安全タンクの残燃料を計るスポイト棒はアクリル製で、使っている間にガソリンで浸かされる、

透明の耐油パイプが見つからず、痛んだら作り替えることを繰り返している、

今回はアクリルからABSに変えてみる、経験値からABS管の方が耐油性能は悪い感触があった、

そこで、内径に丁度良い太さの異なるパイプの二重構造として、細いパイプの外側に目盛りを刻み

それを太いパイプで被せる、

二種の太さのパイプはきっちり過ぎて、潤滑剤(油)を使わないと差し込めないほどサイズはピッタシ、

二重にすることで管の肉厚は稼げ、溶け出し折れるまでの時間稼ぎが図れるか?(笑)

下の写真、上側の二本が今回の材料、下のパイプは溶けて折れてしまった旧いもの
IMG_2108 (480x640)

余分な部分はカット
IMG_2109 (480x640)

IMG_2117.jpg

スポンサーサイト

OFFメンテ(P-LAP)

半田が取れてしまったP-LAPのダッシュ固定金具の修理、と再塗装
IMG_2095 (480x640)

P-LAPはサーキットによって計測区間の設定を裏面のトグルSWの切り替えをする必要がある

そのために通常はベルクロで取り外すのだけど、ベルクロがへたると外れやすくなる、

そこで上下にピアノ線を入れた蝶番のような器具を考案、

上のピアノ線を抜くと、下ヒンジ支えで裏のスイッチが操作出来、上下のピアノ線を抜くとダッシュから離脱が出来る

今回はパイプの外れた半田修理、板金の様なものなので、配線用の15Wコテに変わり、フラックスと80Wの半田ごてで一気に!
IMG_2097 (480x640)

脱脂し缶スプレーで塗った後の「ダメ」修正は便利なペイントマーカー

パッキンゴムを打ち抜き、金具に接着、P-LAPの裏ねじ利用で共締め、で完了
IMG_2104 (480x640)

IMG_2106 (480x640)

IMG_2107 (480x640)

車体が仕上がってきたら取付よう

エンジン乗せ換え

早いもので、もう師走、12月の初っぱなの日曜は、

ミッションOILからの異物発見で中断していたエンジン乗せ換え作業の続き

OH済のスペア―・ミッションを用意し、積み込み完了!

配線、配管を繋ぎ直し、冷却水、エンジンオイル、ミッションオイルを充填

充電済バッテリーを繋ぎ、セルモーターを回す、始動の様子は動画で!


冷却ホース関係の劣化が露見、Rカウルファスナーブラケット紛失、など細かなメンテも要求され

新たにアッパーアームブラケットの亀裂発見やドライブシャフトのブーツ破れか見つかり、ドライブシャフトは未接続ながら、

エンジン始動と1st~5thまでのギヤを確認、まさしくミッション完了!?
IMG_2119 (480x640)

前回のミーティングのランチはBBQ、

今回は地元江戸下町の庶民の味「松むら」のお稲荷さんと「海苔巻き」、って言ったら干ぴょう巻が掟
IMG_2118 (480x640)

MB仲間

現在の我が家の足は既報のMB 203シリーズ C180バン(MBではステーションワゴンと呼んでいるらしい)!

今年5月までの我が家の足くるまBMWミニがエアコン不調を繰り返し、プロに見て戴いた処、

「エアコンガス補充したけど思わしくなく、コンプレッサー交換」そして、「CPUにも不調の兆し」との悲しい診断

リビルト部品で修理しても○○万円の見積もり、

首都高などは、カートの様に走る面白さがあるけど、市街地のシグナル・ゴー・ストップでは初期のCVT-ATミッションが最悪、

BMWミニのディーラー車検でCVTオイル交換をリクエストしても『CVTの不調が増す可能性がある』と断られた、(なんだ~?)

等々総合判断でMINIから撤退を決め、代車として我が家に来たのが今のMB203バン、

旧車なかまでの常で、10年未満、5万キロ未満走行なんて、一番おいしいところを味わえる新しさ?

おとな4人が乗り、工具備品を詰め込み、筑波サーキット、袖ヶ浦フォレストレースウェイ、セントラルサーキット遠征など、

サーキットサービスカーとしてバンの本領発揮!

マンションの半地下5ナンバー仕様の二段式機械式駐車場での取り回しも、ミニと変わらない程小回りが利き、

セントラル(兵庫)から無給油で走りきれる燃費(14km/㍑)も優秀

当初、選択肢の中でMBは無かったけど、付き合ううちに好感を覚え、MBの代車を勧めてくれた仲間に感謝
IMG_1698改

IMG_1348改

と『今だ色あせない203型ワゴン』でMBLIFEに浸っていたら、

DANKAI関西支部(いつの間にか?)のSP311-CLUBMAN開発ドライバーK田さんが江戸まで203ステーションワゴンを仕入に来京、

シルバーと黒の203SWの揃い踏み、年式はシルバーが2年程新しく、どちらもW203後期型のC180コンプレッサー アバンギャルド

シルバー203のオーナーは、リビルト完成した80スープラをファミリーユースに企んでいたらしいが、

流石にレーシングクラッチを入れたMT車にチャイルドシート装着をあきらめたようだ
IMG_2081 (640x480)

TeamDANKAI MB部は発足するのか?(笑)
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。