スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SilviaエンブレムDIYその①

DIYの悪い虫が動き出し、昨秋にトライした、(ニッサン)CSP311(シルビア)のトランクフードのエンブレム制作DIYを振り返る

SP/SR/CSPは同様のフレームを持つ姉妹車だけど、SP/SRは”DATSUN”ブランドでCSPは”NISSAN”ブランド、

当時の日産は二つのブランドを車格によって使い分けていた

さて、エンブレムのリプロを作ろうとしても素人は純正現物が無いと出来ず、

中古でさえ(ヤフオクなどの)市場に出回らない「大事な!大事な!純正物」を仲間より借りりだす。
IMG_1429改

外したままの状態だが、三本の取付脚も健在、
IMG_1430改

これを基に、脚無しエンブレムをリプロするのだが、どれだけ表現できるか?は自信がないがチャレンジ!

DIYの前に高性能3Dプリンターでの作成を模索すると、

まず、現物を①立体スキャンさせデータ取り、⇒②3Dプリンターで成形、⇒③仕上げのメッキで物理的には可能だ

しかし夫々が工程で経費が掛かり過ぎ、デジタルでの一品作成は見送り

てな訳で、従来の製法型への流し込み工法をチョイス、東急ハンズで型取り材料と製品化材料を手あたり次第に仕入
IMG_1439.jpg

この型枠ブロックはまるで「レゴ」
IMG_1441.jpg

純正の現物を置き、1回目の型起こし
IMG_1449.jpg

で出来たのがこれ
IMG_1452改
ところが、この型取り在流動性が悪く、細かいところまで流し揉ませるのが難しく、2個の型を作ったが諦めてシリコーン型へスイッチ

結果、材料の流動性が良いシリコーンが「型」としての完成度が高かったが、

枠を外すと形が変動するので、製品材料を流し込む時にも外枠は外せない。
IMG_1456.jpg

いよいよ製品作業に入るが、型作りだけでもトライ&エラー&エラーで先が思いやられる(ふっ!)=その②へ続く=




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。