スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラリペア

世の中に蔓延っている「プラスティックの破損をDIYで修理できる」と言う謳い文句の、このような補修材をホームセンターで入手、


サーキットで使っていたバインダーのプラ部分が割れ、用を足さなくなった、

こんなものは直すより買換えたほうが廉価で、手っ取り早いが、試験台としては手頃
IMG_3486.jpg



左右あるヒンジベースの片側は割れ、破片は行方不明(写真手前)、もう片方は、クラックが入っているが形は有る(写真奥)ので、

こちら側を基に型取りを行う、

「プラリペア」と同じ会社から販売されているもので、90℃のお湯に漬け3分で食べられないけど、柔らかくなり、

元形に押し付け、冷えれば型となる、しかも再使用可能だということは庶民には嬉しい事


型取り君は手で触れる温度で柔らかくなり、簡単に素手作業ができるのは"○"


クラックの方には、すきまに流れ込まないので、補てん材の接触面が広くなるようにクラック面にリュータで隙間を大きく削り取る




さて、この型を使って、欠損部分を制作&クラック補強へと続く、
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。