スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内張り屋の仕事-②

台風15号が紀伊半島や愛知方面で猛威を振るい、名古屋市では市民の半数100万人程に避難勧告が出されたそうで、

名古屋市の知人、豊明市の知人たちは大丈夫でしょうか?少々心配です。


さて、DANKAI仲間の内装屋に入ったメルセデス・ベンツ1953年のW120,W121シリーズ2ドアカブリオレだそうで、

メルセデスの旧い系譜はまったくわかりませんが、お洒落な雰囲気を醸し出していることは間違いありませんね、

日に焼けて黄ばんだベージュのソフトトップの張替えのお仕事で、

ソフトトップのリアーは木軸をリベットでボディパネルに止めてそれにソフトトップを止めてあり、

畳むことは出来ますが、ボディから取り除くことは出来ないようです。

張替えのために幌を解体していくと、その理由が明らかになりました。

なんと!幌は三層構造になっていて、とても外すなんて無理な考えだったようです。

幌の外側表皮、内張りの天井の布は現行の輸入車にも見られますが、

天井と屋根の帆生地の間に防音と遮熱を兼ねた厚い生地が縫いこまれたしっかりとした構造です。

フロントウィンドウシールド上部に付く幌フレームも木骨で、当時のクラフトマンが腕を振るった様子が伺えますね。

ちなみに、フェアレディ1500三シーターの幌もフロントは木骨ですが、一枚帆なのでOPEN時は骨から外して畳めます。

下の写真、最初の二枚は古い幌を外しているところ、次の二枚が、黒い幌で張り終えたところで、

室内天井は幌車とは思えないきっちりとした天井に仕上げってます。
P7110153.jpg P7130159.jpg
P7160183.jpg P7160180.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。