Fサスペンション分解

前回の富士でのブレーキング時のジャダー究明に、DANKAI仲間のメカニックが分解点検を開始
IMG_2815~1

IMG_2817~1
個々パーツで「これが原因だ」というところは見つからなかったが、

長いことメンテをしていなかったロア・スピンドルは固着したり、緩かったりと適切な状態ではない

スピンドルの山は潰れているものの、やせてはいない。

スペアを含めて4本のうちから一番良いものを選ぶことになるだろう。

スピンドルブッシュは当然新品使用が鉄則!
IMG_2822~1 IMG_2823~1

ネガティブキャンバーを設定するアッパーアームの取り付けシムに使っている数枚の丸ワッシャーは、

アッパーアームのロケーションのねじれを生む原因かもしれない?

この際、2穴のブラケットシムを作ることにする。
IMG_2819~1

下の写真、ロアアームに亀裂発見!

縁石か何かにこすり続けたようにボルト頭とロアアームが削られクラックが入っていた。

自分はロアアームを擦った覚えが無い・・・。今まで気が付かずにいた、危ない危ない(汗)

スペアーのアームと交換は必須項目
IMG_2824~1 IMG_2826~1

まともにメンテしていなかったFサスペンションからは、ビックリ箱のように出てきますね。

分解前にアライメントも点検するが、とくだん異常なし、

分解点検してみるがフルブレーキング時のジャダーの決定的原因は見つからず、

各部品の複合的な症状としか判断出来ない。

これから各パーツの洗浄、塗装、ボルトの手配、そして組み上げと作業は山ほどある、
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ