袖森走行会②

前回の7/8筑波には、秘かにドライバーの熱中症対策を準備したが、

あの日の涼しさで出番は無く、今回はSP311-CLUBMANのオーバーヒート対策の確認と共に、

クールベストみたいなツールを試してみた、

TechNicheインターナショナル社製のという、HPはこちら⇒HyperKewl簡単な蒸発冷却の効果を期待した製品です。
クールベスト写真

「製品のうたい文句は」

「水に1~2分ほど浸し、やさしく水を切って着用。約5~10時間にわたって冷却効果があります。」とか

プロが1時間もコクピットに閉じ込められる時に使う本格的なクールスーツは高価ですが、

この製品は「諭吉様」一枚程度でOK、着用前は効果に半信半疑?

年齢が年齢だけに無理は出来ず、暑けりゃ暑さ対策が必要、

クラッシュには頚椎防御にHANSの導入も視野に入れないと!

今回、気温33度試すには絶好の日和?

実際の使用感は、「水に浸してやさしく絞って」と書いてあるが、優しく絞るくらいではビチャビチャで着れない

思い切り絞って着用、濡れている衣類を着る着装感(苦笑)

冷却感というより、冷水感?
クールベスト

走行を待っている時の蒸し暑さは感じず、

走り出すとSP311-CLUBMANの完全OPENとのマッチングが良い事に気付く

走行風が、気化を増長させるのか?、結構「イケて」、走行後の汗を感じることも少なかった。

冷媒を冷蔵庫で凍らせる準備も必要無く、

ベスト内の水や冷媒を循環させる動力も必要ない(旧車には余分な電気使用が負担)

水さえあれば何時でも何処でも使える手軽さ、走行風が直接当たるモーターサイクルにはピッタリかも?

ただ、衣類が濡れることは我慢しないと、(汗で濡れるよりマシか?)

人(ドライバー)と車(SP311-CLUBMAN)の暑さ対策テストは無事終了


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ