F1ベルギー

楽しみにしていたF1ベルギーGP、スパ・フランコルシャンでのスタートは、

既に知ってのとおり、ブラックアウト後第一コーナーまでで様々な出来事の大安売り!?

ウィリアムズのマルドナルドの思い切ったフライングから始まり

ロータスのグロージャンがマクラーレンのハミルトンとの位置争いからまるで”F1通り魔”と化し、

フェラーリのアロンソにのしかかり、

クラッチ調整から無用なホィールスピンでフロントロウから出遅れたザウバーの可夢偉の

Fウィングとサイドポンツーンを傷つけ、決勝結果13位、

その巻き添えを食わなかったマクラーレンのバトンはサッサと一人旅でポールtoフィニッシュ!

一方マクラーレン・ハミルトンは予選が上手くいかなかった腹いせか?

オールージュ後のケネルストレートでバトンよりスピードが乗らなかったことで、

ツイッター上にテレメータ・データを投稿してしまう始末。
F1ベルギー



Youtubeで見つけたこんなもの見つけた。

イギリス、マーチ卿が主宰する”GoodDWood Speed Festivalで行なわれたヒルクライムの様子

ヒルクライムといっても高低差57m、全長1.8kmの牧草地を一台づつタイムアタックする

参加車両は1900年初頭のパイオニアカーから、興味ある1960年代のフロントエンジン搭載の

F1やプロトタイプスポーツカー、ミッドシップエンジンの葉巻型F1、スポーツカーから

現代のGTカーまで多彩で、まるで動くモータースポーツ博物館と化している

英語の解説で車種と当時のドライバーが紹介されている。

36分と長いので、暇なときにどうぞ!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

F1ベルギー

期待高まるスタートだったのに、終わってみればなんともつまらないレースとなってしまいましたね。
可夢偉の予選が良かった時はレースはいつも散々な結果となります。チームが悪いのか、運がないのか。
はやく表彰台の可夢偉を見たいですね~

Re: F1ベルギー

> 期待高まるスタートだったのに、終わってみればなんともつまらないレースとなってしまいましたね。
> 可夢偉の予選が良かった時はレースはいつも散々な結果となります。チームが悪いのか、運がないのか。
> はやく表彰台の可夢偉を見たいですね~

予選終了後のTOP-3のインタビューは英語で饒舌に語っていた姿を、決勝後に見たいですね。

ザウバーのマシンも仕上がって、そんなに遠い将来のことではないように思えますけど、レース運営が不安?

期待しましょう!
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ