フューエルメータ その③

プロフェッサーN氏より追加助言メールが届いたので紹介!

手持ちのスペアをばらし、確認してご教授いただけた。
コンビメータ表裏のコピー~1

上の写真のように調整スリットはどちらが(FULL or 空)が判った、

そして、調整はバイメタルの支持点を変えることによって針の位置を変えることらしい。

現行車のデジタルのトリム調整でなく、アバウトな「針位置合わせ?」のようだ。

基本的な機能と構造を理解し、それを直すことは旧車乗りの掟ですね。

頼れる「強~い味方」が居ることは心強いでしょ!


42SRを車検に出した仲間が「ついでに水温計も直しておいてね」とプロに頼み、

納車されたときに、42SRのフラットなメーターパネルにデジタルの水温計が鎮座していた姿を見た時、

びっくりしたと同時に、人並みはずれた「素晴らしい感性」と感心した(??)

旧車を扱いなれていない業者だったら仕方ないけど、そのプロは個人的にSR311とSP311を所有している事が、

「グリコ」じゃないけど二度びっくり!


メーター関係は修理してくれる正しい専門業者が、まだ日本に数社は健在ですよ!

好奇心の塊の自分は、自分でトライしてしまうけど、やはり(浅はかな)素人の域を抜け出せずもがいている。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ