SR311ボディ板金その2

SR311ボディ・レストア昨日の続きです。

昨日の写真で「ボディとフレームから離脱させていないの?」との疑問ですが、

フレームを外すと、ボディパネルのゆがみが発生するので、フレーム付きのままの方が

ボディの全体シルエット(ライン)を崩さず出来るようです。(特にOPENボディのくるま)


Fフェンダーを外し、両ドアを外したところで、すぐに大きな腐食発見。

ドアヒンジの付くピラー下側とインナー・キッキングが無くなりかけていた。

錆びているパネルを大きく切除し、新たなパネルを一枚の鉄板から叩き出し、そして溶接。(ピラーも同様)

ここの職人さんは、場所によって0.8㎜、1.0㎜の平鋼板からハンマーで叩いて形を作ってしまいます。
R1993009.jpg
R1993010.jpg  R1993012.jpg

ドアーを仮止めしてヒンジの様子や、他のパネルとのチリ、ラインを確認しているところです。Img0001.jpg


この部分はSP/SRの最大の弱点で、

フロントタイヤがかき上げた泥がたまり、ピラー、インナー、フェンダー下部を錆びさせます。

インナーキッキングの再生は様々なものを見ました。(他車のひとつを写真で紹介します)

結構角ばって、紙細工の様ですが、フェンダーが付くとホィールハウスから覗かない限り判りません??。
Img0000.jpg

リアー・インナーキッキング(ドアの後ろ)も同様に痛んでいました。
R1993003.jpg
フロント同様にパネルからのたたき出しで作成。錆止処理をガッツリ施し、アウターパネルを作りふたをします。
R1993004.jpg R1993005.jpg

きょうはここまで、続きます。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日は突然お邪魔してごめいわくをおかけしました。

見えないところを直せるのは気持ちいいですね。
自分の車の見えないところは怖くて見れません。

No title

レストアガレージ251そのままですね。
了解を得ず勝手に自分のブログにリンクを貼り付けました。
都合悪ければはずします。
以前紹介しておられたコミックが着ました。
これから頑張って読みます。

Re: No title

> レストアガレージ251そのままですね。
> 了解を得ず勝手に自分のブログにリンクを貼り付けました。
> 都合悪ければはずします。
> 以前紹介しておられたコミックが着ました。
> これから頑張って読みます。

リンクOKです。

全てプロ任せ出なく、手伝うと「なるほど」と雑学の備蓄になります。

秋の夜長、33巻ゆっくりお愉しみください。
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ