モバイル工具箱

今日で今年も二ヶ月が過ぎようとしている。速いですね~っ

これまで、サーキットに携行の移動工具は、「バッグ式」で

何でもかんでも放り込み、使うときにはバッグ内をゴソゴソと探しまくった。

工具のためにも、作業効率性もツールチェスト式がベスト、と解っていながら

SP311-CLUBMANのコンパートメントに積み込む際に鉄製の角を嫌い、布製を使っていた。

新たのは写真のように引き出しはスティールで、側板が樹脂で角が丸まってる物を発見、

造りは価格相応で頼りなく、耐久性がある様には見えなかったけど、即購入

写真手前がこれまでの「布製工具投入(?)バッグ」、

写真奥がこれからの「スティール+樹脂(バイブリッド?)工具箱

体積的大きさは2倍程ある様に見える
IMG_3943~1

早速入れ替えてみると、今まで、別収納にしていた3/8ソケットレンチSETも納まり、容積はぴったり、

何とか片手で持てる重さに収まった、(重量未計測)
IMG_3945~1


引き出しに顔を見せる木製グリップドライバーは30年ほど前の米国の庶民的なクラフトマン製、

最近の国産メーカーやス○○プオンなどのドライバー樹脂製グリップは使い易く美しいけど、

使用頻度が低いと、樹脂が紫外線により劣化して割れた方が居るので要注意

樹脂製のスキー靴を長期愛用で経験済み

プロが毎日使って油まみれになっていれば、紫外線から守られるので大丈夫だそうですよ、

もっとも、プロが使う工具は消耗品、アマチュアは一生物(?笑)


引き出し、三段式もあったが、工具を入れたら片手では持てなくなりそうなので、低い方を選択したのは正解!
09-030.jpg ←こちら引き出し三段タイプの写真はお借りしました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

紫外線を当てないよう
大事に、工具箱の中にしまっておきます(笑)

Re: No title

> 紫外線を当てないよう
> 大事に、工具箱の中にしまっておきます(笑)

「そう!それが一番」って、それじゃお宝の持ち腐れ(笑)

娘さんからUVカットスキンクリームを借りてガードするか?、

紫外線にやられる前に使い倒しましょうか?
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ