アクリルウィンドウ4

4mmのアクリル(キャスト)を買い求め、型取りしたダンボールを当て、形を写し取る
DSCN0265.jpg DSCN0264.jpg


今回はベランダ工房では高周波音のトリマーは控え、ジグソーで切り抜く、

ザ・アクリル職人より教授された「ロウ」を使う技を試し、一枚目は完璧

二枚目、調子に乗って、ジグソーの刃をコジッたらいけません!

あっという間にクラックが走った、(保護紙を剥がすまで判らず、何箇所も・・)


仕方ないので、クラックの広がりを押さえる処理をして2mmアクリルを当て材として接着

アクリルの接着の姿はは⇒「溶着だ!」と、ザ・アクリル職人より教わった
DSCN0289.jpg DSCN0291.jpg

DSCN0292.jpg

修理しても使おうとするなんざ「根っからの貧乏人」でしょ、


SP/SRのサイドウィンドウと三角窓は直線(平面)上に揃ってなく、

僅か前方に絞り込まれるような角度が付いているので、

今回型抜きした一体窓も三角窓のところで折れ目を付けてやる、

アクリル板の直線曲げ専用のヒーターならば、アクリサンデー ヒーターキットというものが有り

160~170℃で厚さ5mm、長さ400mmまで対応というので早速トライ

通電したヒーターにアクリルを乗せ、数分、手で引っ張ると曲げることが出来た
DSCN0288.jpg DSCN0287.jpg


必要な折れ角は、見た目2/100~3/100程度なので、「ちょっと角度がきつめかな?」程度で冷やすと、

冷めるに従いアクリルは元に戻ろうとする。後は現物合わせしてみないと判らん!
DSCN0294.jpg


明日はHTと、このアクリルを持って一泊二日の京都出張!早く寝なくっちゃ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ