アクリルスライド窓-3

暦は4月1日に!

レールパーツは溶着材で接着し、形の微調整
DSCN0667~1

入手した5mmのプラスチックボルトナットは長さ15mm、

アクリル厚4mm+3mm+4mm=11mm、にナット厚4mmで平ワッシャーが入れられない、(頭悪いなぁ)
DSCN0670~1

「窮鼠猫を噛む」でないが、閃いた

レール(7mm厚)側にタップを立て、ボルト締めしけたところにナットを掛ければ、

ダブルナット効果でレーシングカーの強烈な振動でも緩みが発生しにくい

と、下穴として開けた4mm穴に、アクリルの割れを気にしながら慎重に5Mタップを立てていると

こんなまねは「多分プロのアクリル職人は絶対しないだろう」の思いが横切った

アクリルにタップ立てやリベットは厳禁でしょうねぇ~
DSCN0674~1 DSCN0676~1

レールの取り付けは、メンテし易いようにビス止めとしたのは、

アクリルのスライドドア制作は生まれて初めての事、つまり一発で完成なんて思い上がってなく、

修正や改良等が必要になるはずだから・・・、(と素人は逃げ場を作っておきます(笑))

上下のレールを付け、窓の開閉をチェック(ケミカル潤滑剤が必要かな!)

いよいよアクリル窓本体に開口を開ける、

ドリルで開放部四隅にアナを開け、ジグソーの樹脂用の刃で慎重に(息を止めて酸欠になりそう!)

鉄鋼用の細かい刃のほうが切断面がより繊細になるのだけど、

なぜか4mm厚+鉄鋼用刃は熱が上がり、切カスがくっ付いてしまう
DSCN0692~1 SANY0030~1

と、このようにマンション工房で製作に没頭する背中に

「次に使うの来年の鈴鹿でしょっ」とバッサリ嫁の一言!!(あっ、あ~っ、うっ、う~っ)







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ