樹脂復活

最近の車の樹脂の活用は多岐にわたり、あらゆるところで活用されている

この無塗装の樹脂(江戸では「プラッチック」と発音する人も居る)を復活させる材料が手に入り、試してみた
DSCN1497~1
【メーカーの能書】
スーパーハードは従来の艶出しコート剤やWAXと違い、ずば抜けた耐久性・耐熱性を持つ樹脂用コート剤です。

主成分の珪素化合物があらゆる樹脂表面にガラス状の硬い乾燥皮膜を形成し、色褪せた樹脂も新品同様に蘇らせます。

      あらゆる樹脂(未塗装)に使用でき、ギラギラ感が無く、自然なしっとりとした艶を形成します。
      耐久性・対候性があり、6~12ヶ月間にわたり持続します。
      耐熱性(300℃)があり、エンジンヘッドカバーやスクーターの消音器等、熱の掛かる箇所にも最適です

早速、BMWミニのワイパーブレード、ルーフのレインモールなど、カサカサに乾燥し触るとザラザラな面に、
疑心暗鬼で使い、いきなり塗布後の写真です
DSCN1496~1 DSCN1495~1 結構良さそう

汚れを落とし、乾燥させ、塗ると、伸びやすい液体で少量でもかなりの面積を塗れる

塗るそばからしっとりとした艶が蘇り、しかも「アー○オール」や「ポ○メイト」の様なベトつきがなくサラットしている

仕上がりは気に入った、後は耐久性が実証されればOK

SP/SRなど旧車にも使えそうだ、

未塗装の樹脂として、後期型の内装で、各種スイッチノブ、ダッシュボード上面のデフロースターフィニッシャー、

ステアリングコラムカバー、等々白く粉が吹き、半艶の黒で塗装して苦労していたところに使えそうだ

塗装面につくと塗装を傷めてしまうらしいので、くれぐれも注意が必要

そこに塗ると長期効果が
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

関西でもオッチャンは「ぷらっちっく」です。
因みに「ら」は巻き舌デス。

Re: No title

> 関西でもオッチャンは「ぷらっちっく」です。
> 因みに「ら」は巻き舌デス。

なにわのおっさん達もそーですか(笑)えますね

江戸の下町は「おばちゃんたちも」同じで、

「プラスティック」と発音するのは「江戸っ子」ではなく「東京人」のようです。

10/26筑波待ってます、道中気を付けて!!

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ