鈴鹿仕様へ変更、そして鈴鹿へ

昨年のGTから導入された、「Fウィンドウスクリーンの無い車両は、フロントケージを追加しなくてはいけない」

との安全上からの新しいサーキットルール

回避策として、Fウィンドウを再装着しHTを装着、そうすると必然的にサイドウィンドウは必着、

ドライバー側は窓を閉めるのが何処のサーキットでも指導されること、OPENなら窓は無くても良いと少々矛盾?

いずれにしてもオーガナイザーの指導には従いましょう

と、今年もHT+Fウィンドウ+サイドウィンドウとフルセットで再装着(=40数kgの重量増)

まずは、アクリルスクリーンを外し、ミニSP型ミラーを純正に交換しないとウィンドウスクリーンが当たってしまう
DSCN1863~1

DSCN1864~1

と手馴れた作業でご覧のような姿
DSCN1865~1

DSCN1875~1

HT装着201501~1

DSCN1882~1

そうこうしている準備をしていたら、参加受理証が届いた
DSCN1876~1

このブログがアップされる土曜日は鈴鹿の参加者への特別枠スポーツ走行で前日練習のために、乗り込んでいる筈

新春鈴鹿ゴールデントロフィーはいくつかの素晴らしい計らいがある、

一つ目がピットでの車検、

筑波や富士のように車検場に車両を押していかなくて良いのは脆弱な参加体制の参加者には助かる、

そしてふたつ目は、参加者特別前日走行枠(30分×2本)

サーキットライセンスを所有していなくても、レースエントリー者には前日練習用に特別枠が用意されている



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ