小さな小さなリビルト-②

DSCN2249.jpg
ACCのフューズが切れ時計が止まった、理由は判らないが、ガラス管フューズが切れていたので交換修理、

いつものように蓋を閉めようとしたら、閉まらない、(締まらない話だなんて言ってられない)

後期型SP/SRオーナーならおなじみの、フューズBOXはダッシュBOX内に収まり、

蓋が無いと電気短絡など精神衛生上ヨロシク無い!(何とかせねば)

透明のプラ蓋は真ん中のプッシュPINで押さえられて、この樹脂製ピンの一部が破損と判明、

このピンだけ、ヤフオクで¥500程度で出品されていた筈、だけど・・・。
DSCN2245.jpg

折れた破片を再接着しても、樹脂の反発力を利用した稼動部分の接着は強度が難しい、

破片を集めノギスで測ると直径約7mm、ホームセンターカー用品売り場で管フューズを買うついでに、

現行車の内装留めピンが目に入り購入2個で約¥50、直径は7.5mmと少々太め、早速分解してみる、
DSCN2246.jpg 現行車の内装用固定ピン

SR311の蓋も現行車の内装も固定するときはピンの内側を押し込み機能は一緒だ、

芯はSR311のそれを使い、外側だけ使う、

フラッシュに反射して灰色に見えるほう(本来は黒だけどエンボスがかかってつや消しになっている)

何とか使えそうな予感!
DSCN2248.jpg

早速、組み込む、
DSCN2251.jpg

新しい樹脂の反発力のせいか?0.5mm太くなったせいなのか?ピンの押し込みに力が必要になったけど、

以前よりしっかりした固定感が生まれた、
DSCN2252.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ