WEBERキャブトラブル

筑波サマー前日練習走行中に起きたWEBERキャブのトラブルは

キャブのスピンドルをリターンさせるスプリング(下図#23黄色参照)の破損だった、

かつてリビルトした中古品を購入したので、使われ方や経年は計り知れない

しかし、エンジン始動中は絶えず伸縮を繰り返し、金属疲労など応力によるものだろうと想像できた

旧いオーバーホールを受けたWEBERキャブは果たしてここまで部品を交換されているかといえば、されていないだろう

この部品を調べると購入できそうだし、

スロットルシャフトも抜かなくとも交換できそうなので、一安心!(WEBERキャブはバラした経験ありません)
WEBER詳細201507

当日は外側にコイルスプリングを追加した暫定修理
DSCN2432.jpg

リンケージをばらしたので、前後キャブのバランスもしっかりチェック

今回破損したスプリングは上図#25番ポンプコントロールレバーに繫がり、スロットルシャフトの自閉と

加速ポンプのコントロールを司るけっこう重要な役目、

アクセルOFF時スロットルバタフライが締まりにくい(回転が落ちにくい)と車のコントロールに大きく影響し、

タイムアタックどころでは無くなっちゃいますね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ