スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JCCA筑波サマー決勝当日

決勝当日日曜、早朝、目覚めた宿の部屋に、屋根から落ちる雨の音が容赦なく響く、

朝食は途中のコンビニで調達しながらの筑波サーキット入り、

ガレージには近くの宿から徒歩でサーキット入りしたBMW2002(筑波デビュー戦)のT生氏チームも合流

Y口さんが用意してくれた目覚めのホットコーヒーを戴きながら受付開始を待つ、

今回S65クラスの参加車はTRやアルファの面々が戻ってきたり、パブリカが2台初参加が見られたりと

13台で賑わい、半数の6台が屋根を持たないOPEN車両と華やか装い

そしていつもの車検風景、今回は消火器の期限切れを集中的にチェックしていたが、

当方、年頭に消火器、シートベルトは更新したばかりなので、何の指摘事項も無く完了
DSCN2431改

予選前、の集中時間
DSCN2443~1

予選が始まる頃に雨は一時止み、我がS65クラスの時間には、タイヤからのしぶきも上がらず、

路面が乾き始め、走行ラインが次第に確保されていくのが想像できた、

ドライバーK田選手もいち早く察知し、15分間の予選終盤に合わせ前後の他車との間隔を調整しているのはさすがだ、

最終ラップ、見事にタイムを一気に更新、#56コルチナをかわし、#64TR4、#81MG-Bに続く三番手へと引き上げた
DSCN2450改

安定しない天候は決勝を迎える頃には再び雨模様で、強くなったり弱くなったり不安定ながら路面は相変わらずのウエット
DSCN2447改

グリッドに並んだSP311-CLUBMANの目前はポールポジションのゼッケン64、G籐さんのTR4のみ
DSCN2457改

DSCN2458改

グリッドと路面状況から「お立ち台」も期待できたスタートでドラマが発生
DSCN2462改

雨で速度が遅いウォームラップでエンジンがカブリ気味にぐずり、クラッチを繋いだ途端にストールしそうになり、

SP311の両脇を他車が駆け抜けあっという間に殆ど最下位で、ピットは大きなため息

しかし、ウェット路面で(諦めの悪い?)K田選手は猛烈なアタックを始め、周回を重ねるごとに落としたポジションをリカバリー

ピット内はレースを終えたT生さんやSさんも加わり大盛り上がり

レース周回折り返しの7周目には6位まで上がり、最終的には4位でレースを入賞させてくれ、応援していた皆なも大満足顔!
DSCN2470.jpg


TOPスピードは10km/h~20km/hも低い非力なSP311の活路はこの様な条件で発揮でき、

SP311-CLUBMANのポテンシャルを感じたレースだった

課題は加速力と最高速、筑波二ヘアの立ち上がり加速で最高速も影響出るから…。

排気量を大きくするのは今のクランクでは限界、クランクを換えるとルール違反

とすると、直ぐ出来るのは車両の軽量化(削れる贅肉がある)かな?





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。