懐古アイテムその①

実家を片づけ中、思わぬところからこんなものが…、

思わず手が止まり、当時の記憶を探る世界へ入ってしまう、
DSCN2478~1

全て「トミカ」の中に「CAR GRAPHIC」のシールが貼ったロンドン二階建てバスとシロロエンバン、

甥に遊ばせた塗装剥がれが懐かしい
DSCN2477~1

下の二輪は何処製だったか?素手で嵌め込み組み立てるチープモデル、

しかしそれぞれ特徴があって、モデル(型式)までは特定出来ないけど、メーカー色が判る

手前左黄色は水平対向エンジンのBMW、手前右オレンジはHONDAドリーム、

後ろ左ピンクはハスクバーナあたりのスクランブラー、後ろ右グリーンはトライアンフか?BSAか?

マッチ箱より小さい世界で、ホィールも回れば、ハンドルはステアーもするこだわりが良い!、
DSCN2479~1

と、整理に横浜実家に到着したMINIに理解不明のトラブル発生、

ガレージに収めようと前進後退をしていた時、

メーター内に通常シフトポジションインジケーターが表示されるところに「EP」ランプ点燈、

「何かな?」でも普通に動かせるし???、とりあえずガレージIN

(左上の明るいランプはサイドブレーキ灯)
IMG_0578.jpg

取説やネットで調べると「エマージェンシー・プログラム」のチェックメッセージだそうで、

CVTコントロール系やバッテリー電圧低下で点くらしいと記載されていた、いづれディーラーの専用診断器にかければ判明するだろう

翌日曜、用事を済ませ、早目にディーラーに行こうとエンジンを掛けるが、「EP」ランプは点きっぱなし(凹)

CVTセレクトレバーを「D」に入れ、アクセルを踏むと初動がいつもと違い重い、(いよいよダメか?)

すると「コンッ!」と軽いショックで動き出し、だましだまし行こうと覚悟を決め、表通りに出る赤信号で停車すると、

「EP」ランプが消え「D(ドライブ)」ランプに変わった、
IMG_0580.jpg

なんなの??、直ったの??自然治癒??、単なる誤作動??

頭の中に「?マーク」を溜め込み。首都高羽田線の入口までの下道(2km強)を走るが何も起きない、

首都高を自宅までの30km強を駆け抜けマンションの駐車場に収めシフトインジケーターにも異常は見られない

「また変な症状が出るんじゃないの?」と懐疑的な気持ちで、近所のホームセンターやスパーマーケットお梯子をし、

駐車⇒エンジン停止→始動→走行を繰り返すが、一向にふつう!「普通がイチバン」

狐につままれたMINIでした!(きょう7/20「海の日」はおとなしくお仕事です)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ