スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラリペア その②

プラリペアの中身を並べると、スポイトまで揃いちょっとした化学実験室の形相

プラスティックの素材となる粉末、それに液体を垂らすと、化学反応を起こし、粉末が凝固する

するとプラスティックが形成されるらしい、
201709191340029f3.jpg

カップに粉末を入れ、凝固し始めた材料を針先でピックアップし、型に埋めるのだけど初めてのこと、うまく出来ない💧、

そこで、型に直に粉末を入れ、そこに凝固液を浸透させると5分ほどで固まり、(シリコーンの様な感触の)型を簡単にはがせる、
IMG_3515.jpg

余分なバリを削る削る感触はまるでプラスティック!2mmのドリルでヒンジ穴を開ける

ヒンジのピンの代用品として、2.6mmのボルトのネジ山を削ると丁度2mmの太さになった
201709191438505c9.jpg

今回作り直した欠如した部分は、バインダーのスプリングの力が常にかかっている場所で、

何度か開閉しているうちに簡単に剥がれてしまい元の木阿弥(凹)
2017091914393169d.jpg

常に引っ張り力の掛かるところでの接着力はあまり強くない様だが、

削ったり塗装したりも出来、欠落したプラスティックの整形には充分に使えそうで、

旧車ホビーには利用価値がありそう

一方のバインダーの剥がれた整形部を、試しに瞬間接着剤で再接着してみたら、見事に強度が復活し、バインダーも機能復活できた、
20170919143951f56.jpg

スパークプラグ清掃

レースエントリーを済ませると残り一ヶ月、いつも準備は『泥縄』

スパークプラグのメンテ、Sタイヤのチェックと手配、エンジンオイルなど各油脂の交換、

ブレーキのエア抜きを兼ねたフルード交換、足廻りステア廻りのグリスアップ、等のルーティン作業と

今回はHTクローズドボディ仕様からフルOPEN仕様への変更と準備作業は自前で!

前回レースで使ったスパークプラグをエンジンクリーナー(白い泡状)を使いカーボンを解かし、
IMG_3536B.jpg
電極の細い白金やイリジュームプラグは

電極を痛めるので、ワイヤーブラシや、針先などで掻き出すことは”厳禁”なのは言うまでも有りませんね

汚れが落ちたら、(きっと相当な毒だと思う)エンジンクリーナー液をパーツクリーナーで洗い吹き飛ばす、

プラグネジ山は、カジリと密閉性を高めるカッパーグリスを指先で塗付し、いつものプラグ清掃完了
IMG_3545B.jpg

プラリペア

世の中に蔓延っている「プラスティックの破損をDIYで修理できる」と言う謳い文句の、このような補修材をホームセンターで入手、


サーキットで使っていたバインダーのプラ部分が割れ、用を足さなくなった、

こんなものは直すより買換えたほうが廉価で、手っ取り早いが、試験台としては手頃
IMG_3486.jpg



左右あるヒンジベースの片側は割れ、破片は行方不明(写真手前)、もう片方は、クラックが入っているが形は有る(写真奥)ので、

こちら側を基に型取りを行う、

「プラリペア」と同じ会社から販売されているもので、90℃のお湯に漬け3分で食べられないけど、柔らかくなり、

元形に押し付け、冷えれば型となる、しかも再使用可能だということは庶民には嬉しい事


型取り君は手で触れる温度で柔らかくなり、簡単に素手作業ができるのは"○"


クラックの方には、すきまに流れ込まないので、補てん材の接触面が広くなるようにクラック面にリュータで隙間を大きく削り取る




さて、この型を使って、欠損部分を制作&クラック補強へと続く、

LED STOPランプ装着

試しに作ったトランクフードモール(ミドルマウント?)STOPランプはSRでなく、

レーシングカーのSP311-CLUBMANで試し装着!と思ったら、とんだ伏兵が…。

下の写真のように左側の金属スプリング製トランクフードストラップとトランクモールが共締めに!

右は当初付けていた革ベルト製だけだった、

が5年ほど前のレース車検で、「ゴムや革等簡単に切れるモノではなく、金属製に」との指摘をされ追加した物、
SANY0040~1

この際、ストラップは移動させ、リア―ゼッケンも痛みが見えるので、新規作成した、乳白色ナンバープレートに模様替え、

そして、アクリル製STOPランプをミッドマウントで装着、

(自己防衛の)実用性は高まったもののデザイン上は如何でしょう?、

以外にスッキリと収まっているようで、現行車ならトランクフードの中央に赤色樹脂が有っても違和感はないのでしょうが、

SP/SRと慣れ親しんだ感性では、やはり違和感があるのは否めないが、

サーキット専用車ということで、しばらくの間装着してみることにする。


既存のテールランプから分岐配線を済ませ、STOPランプとして機能をさせてみる、

昼間だと分かりにくいけど、両サイドのランプも点いている状態(写真では黄色く見えます)

SP311里帰り

日本列島を縦断した台風一過の本日、デフ破壊の修理で京都に入院していたSP311-CLUBMANが退院、

京都の御大スタッフの手で、およそ半年ぶりに定位置に帰着




デフの破損の主な原因はベアリング破損によるもので、気が付かないとリング&ピニオンギヤまで痛めた

これまでのギヤ比


今回は、アクスルシャフトも動き、ブレーキドラムまで痛めてしまった(猛省)

それとリングギヤSETが日産に在庫が無くなり(前回最後の1個を購入時たのは自分だった)、

探し回った挙句ローギヤード側にギヤ比に変更を余儀なくされ、走り方を模索しなくては…。

前回71Bミッションの5速を入れ替えて4速⇒5速のつながりが良くなったことが功を奏しそうだ!、

復活次戦、10月22日JCCA筑波エンデュランスの準備を進めよう
プロフィール

DANKAI SP/SR

Author:DANKAI SP/SR
Team DANKAIブログへようこそ!
レース大好きサラリーマンです。
愛車:①1969SR311
   ②1965SP311 Clubman
発信地:東京
クラシックカーレースで遊んでいるブログです。

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。